2018年のビットコインはどうなる? 高値更新のための3つの条件=吉田繁治

日本が取引額で世界一になるなど熱狂が続く「ビットコイン」。果たして今後は上がるのか、下がるのか。仮想通貨の未来を考えてみましょう。(『ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則』吉田繁治)

※有料メルマガ『ビジネス知識源プレミアム』好評配信中。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

来たる「銀行系仮想通貨」がビットコインブームにとどめを刺す?

世界一になった日本人のビットコイン取引額

2017年11月中の日本でのビットコイン(BTC)取引額は、10兆7562億円(1日平均3580億円)と大きくなっています。

主な取引所はビットフライヤーです。1000種も開発されている仮想通貨のうち、時価総額はトヨタよりも大きい30兆円に膨らみ、全部の仮想通貨の価値の50%を占めるのがBTCです。2位はイーサリアムで15%、3位がリップルで6%です。ビットフライヤーには、三菱UFJやSMBC、みずほ等の大手銀行が出資しています。

今日の買いはBTCの1単位で202.6万円、売りは187万円でした(編注:原稿執筆時点12月11日)。比較のために示すと、わが国の株式の売買額は1日約3兆円、月間60兆円です。日本ではBTCだけで、東証の株の1/6の売買高になっています。

9月以降のわが国の個人投資家(700万人)は、株は売り越して、ビットコインを買っています

買う人が増えたのは、仮想通貨法で通貨として認めたこともありますが、アマゾンのような取引所のサイトでウォレット(ビットコインの財布のソフト)をダウンロードするだけで、クレジットカードで買うことができるからでしょう。およそ10分もあれば、終わります。手軽さは、リアルマネーに対する仮想通貨の利点です。

ブームの中心は「日本」と「米国」

現在、世界で強い関心を示しているのは、日本と、17年12月10日にシカゴ市場に先物が上場された米国です。ユーロ圏(19か国)では注目されてはいません。統一通貨のユーロ自体、自国では発行していないため(中央銀行のECBはどの国にも帰属していない汎欧州です)、感覚的には仮想通貨のようなものだからかもしれません。

さて、10月からの日本での熱狂には、どんな理由があるのでしょうか。

日本人が熱狂する「2つの理由」

日本で買いが増えた原因は、外貨のFX(外為証拠金取引)で、個人の売買額が世界一という素地があったからでしょう。海外メディアからは「ミセスワタナベ」と呼ばれるFXの個人投資家が、株価が上がっていた10月頃から、成長する外貨の新種や金と同じと見なしてBTCを買ったからです。50万円を超えてからは、金の代替物と見なす人も増えてきました。

また、FRBが2017年10月からは出口政策(増発したマネー量の縮小)に向かっているのに、日銀は今後も、いつまで行うかわからない量的緩和(通貨の増刷)を続け、ベースマネーの量が増え続ける円は、いずれ下がるのではないかという予想も絡んでいるようです。FXを行っている人が、ビットコインを多く買っていることが、この不安を示しています。

Next: 意外にも「通貨として片手落ち」状態のビットコイン

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー