1月3日のNY為替概況

マネーボイス 必読の記事5本



 3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円19銭から112円61銭まで上昇し、112円45銭で引けた。米国の12月ISM製造業景況指数や11月建設支出の上振れが好感されたほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(12月12-13日開催分)を受けて3月利上げ観測がやや高まったことで、ドル買いが優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.2035ドルから1.2001ドルまで下落し、1.2020ドルで引けた。ユーロ・円は134円84銭から135円25銭まで上昇した。

 ポンド・ドルは1.3567ドルから1.3495ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9756フランから0.9798フランでもみ合いになった。

[経済指標]
・米・12月ISM製造業景況指数:59.7(予想:58.2、11月:58.2)
・米・11月建設支出:前月比+0.8%(予想:+0.5%、10月:+0.9%←+1.4%)

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー