個人が売り越すマーケットは下がらない / 日経225のボリンジャーバンド分析ほか~大阪Nさんとの交信

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家を振り返る本連載、今回は特別編として、好評配信中の有料メルマガ『投機の流儀』より、いまも頻繁に交信のある投資家「大阪のNさん」と山崎氏のリアルタイムなやりとりをお届けします。

山崎和邦 週報『投機の流儀』vol.156 2015/5/24号より、マネーボイス編集部にて再構成

個人が売り越す間は下がらない 2015年4~5月の株式市場

現役投資家・大阪のNさん(以下「大阪N」):

4月は、外人が2兆円の買い越し、個人が1.5兆円の売り越しだったんですね。

山崎和邦(以下「山崎」):

5月も2週、3週と連続して売り越したようですから、朝倉慶氏が「株売却ブーム」というのも当たっているかもしれませんね。

確かに月額としては非常に大きく記録的ではなかったでしょうか。

大阪N:

確かに高値をつけるまでは呆れるくらいの強さがありました。必ずしも「外人=海外資金」ではないとは思いますが、銀行株を買ったのは外のファンドが中心だったということであれば、納得もいきます。

5月は額こそ減っていますが、相変わらず個人は売り越し。2万円から上を買い進む気持ちは個人には無い様子です。

山崎:

野村をはじめ各証券会社や、自分でポジションを持たない評論家は22,000円と言うが、それは誰かが22,000円を買わなければ実現しない話で、「ではお前が買う気があるのか」と問いたくなります。

言うだけ、書くだけなら、何とでも言えますからね。

Next: 2015年4月の日経225 ボリンジャーバンドによる振り返り

1 2 3 4

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、近著3刷重版「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)等。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい