日経平均は大幅続落でスタート、トヨタ自やソフトバンクGがさえない

マネーボイス 必読の記事5本



[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23656.39;-131.81
TOPIX;1882.71;-9.40


[寄り付き概況]


 日経平均は大幅に続落で始まった。10日の米国市場は、中国政府が米国債の購入の減額や停止を検討しているとの報道を受け、長期金利上昇への警戒感から売りが先行。シカゴ日経225先物清算値は大阪比185円安の23615円となる中、これにサヤ寄せする格好から始まっている。ただし、昨夕の段階で円高が進み、225先物のナイト・セッションで大きく下げていたこともあり、想定内の調整といった格好に。23600円は割り込まず、売り一巡後は下げ渋る動きをみせてきている。

 セクターでは鉱業、空運、サービスがしっかり。半面、ゴム製品、輸送用機器、金属製品、水産農林、精密機器が軟調。売買代金上位では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、SUMCO<3436>、信越化学<4063>がさえない。一方で、三井住友<8316>、みずほ<8411>、東京エレクトロン<8035>は堅調。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー