いちご<2337>—3Qの通期予想に対する進捗率は純利益81.1%、同日付で新会社設立を発表

マネーボイス 必読の記事5本



いちご<2337>は12日、2018年2月期第3四半期(2017年3-11月)連結決算を発表した。営業利益が157.15億円(通期予想進捗率76.3%)、経常利益が144.61億円(同79.0
%)、親会社株主に帰属する四半期純利益が109.45億円(同81.1%)、1株利益が21.92円(同81.2%)となった。当四半期(2017年9-11月)の営業利益は前年同期比48.9%増、純利益は129.7%増となり、通期予想に対して業績は順調に推移している。

2018年2月期通期の連結業績予想は、営業利益が206億円、経常利益が183億円、親会社株主に帰属する当期純利益が135億円とする期初計画を据え置いている。

また、同日付で心築(しんちく)事業のさらなる成長に向けた新会社「いちご土地心築株式会社」の設立とストックオプションの発行を発表している。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー