NY原油:反落で63.73ドル、過度の原油高に対する警戒感浮上

マネーボイス 必読の記事



NY原油先物2月限は反落(NYMEX原油2月限終値:63.73 ↓0.57)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-0.57ドルの63.73ドルで取引を終えた。一時63.39ドルまで売られた。主要産油国による生産抑制が続いており、原油価格の先高観は大きく後退していないものの、過度の原油高に対する警戒感が浮上しており、1バレル=64ドル台ではポジション調整的な売りが入った。米国株が不安定な動きを見せていることも一部で嫌気されたようだ。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい