偶然ではない、森友学園問題と「南スーダンPKO撤収」を結ぶ点と線=近藤駿介

唐突な「南スーダンPKO撤収」に、森友学園問題から世間の目をそらす意図があったことは想像に難くない。だが単に世間を欺くだけなら、ネタは他にもあったはずだ。筆者は、安倍総理に「南スーダンPKO撤収」を決断しなければならない切実な理由があったと考えている。(近藤駿介)

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。月初の購読は得にお得です。

支持率急落に怯える安倍総理は、一体何を守ろうとしているのか?

「森友学園」と「南スーダン」は繋がっている

それは余りにも唐突な記者会見だった。

「今日2時に私学審議会あてに、瑞穂の国記念小学院の設立申請書を取り下げてまいりました」

その記者会見で、森友学園の籠池(かごいけ)理事長の口から発せられた内容は、2日前に公開した28分58秒に及ぶ動画のなかで、

「大阪府庁へ。大阪府庁へ。どうぞ声をあげてこの我々の学園を開校するよう声をかけて頂きたいというふうに思っております」

と訴えていた理事長の姿からは全く想像できない、信じ難いものだった。

安倍総理に「しつこい」と言わしめた籠池理事長が、わずか2日で心変わりをして、執念を見せていた瑞穂の国記念小学院の開校申請をすんなり取り下げるというのはにわかには信じがたいこと。それは、この2日間に国と森友学園との間で様々な駆け引きがあったことを想像させるものでもある。

大阪で開かれた籠池理事長による唐突な記者会見に合わせるかのように、首相官邸では唐突に国家安全保障会議(NSC)が開かれた。そして会議終了後、安倍総理から、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊の活動を、5月末をめどに終了することが発表された。

NSCの招集者についての明文規定はないが、招集者は内閣総理大臣である。したがって今回唐突なタイミングでNSCを招集したのも安倍総理だということである。

安倍総理が「PKOに派遣している陸上自衛隊の施設部隊の活動を5月末をめどに終了する」という緊急性の乏しい決定をするためのNSC開催は、籠池理事長の記者会見から世間の目をそらす意図があったことは想像に難くない。

ただ、籠池理事長の記者会見から世間の目をそらすことだけが目的だったとしたら、テーマは南スーダンPKO撤収である必要はなかったはずである。しかし、筆者は安倍総理にとっては、今回は南スーダンPKO撤収である必要があったのではないかと考えている。

森友学園問題と南スーダンPKOという、地理的にも問題的にも全く関係ないように思える2つの点が1つの線で繋がっており、その線が安倍内閣の弱点に突き刺さりかねない状況になったために、安倍総理がこの線を断ち切ろうとしたと考えると辻褄が合うからだ。

Next: 安倍総理の「秘蔵っ子」 内閣のアキレス腱になり得る人物と言えば…

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー