お金持ちはなぜ話が短いのか? 貧乏人はなぜ話が長すぎるのか?=野口敏

お金持ちになる話し方とは、いったいどのようなものでしょうか? その答えは「短く結論から話す」ことです。具体的な伝え方と、短くまとめる秘訣を伝授します。(『野口敏の会話がとぎれても大丈夫』)

※本記事は有料メルマガ『野口敏の会話がとぎれても大丈夫』2018年1月15日, 2017年8月28日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:野口敏(のぐち さとし)
コミュニケーションのスペシャリスト。株式会社グッドコミュニケーション代表取締役。著書にシリーズ100万部超のベストセラー『誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール』など。大手企業の社員教育、人材を育てる力のあるリーダー養成など幅広い講演活動も精力的にこなす。

想いは「短い言葉」に宿る。お金が集まる、人を動かす話し方とは

話は短ければ短いほど良い

「お金が手に入りやすい人の話し方には特徴があって、まず何よりも話が簡潔でしかも結論がわかりやすくて、ほとんどが結論の言葉から話し始めて、あまり長くない言葉を使って聞く人に話が伝わるように話します」…こんな話し方をする人には、お金持ちになる資格がありません。話が長すぎるのです。

お金持ちになる人は、同じ話をこう伝えます。

短い言葉で結論から話す人は、お金持ちになる」。ほら、話が短いでしょう。話というのは短ければ短いほどよく伝わり、聞き手にインパクトを残します

次のように言い方を換えると、さらにインパクトを増すことができます。

結論から、短い言葉で話す。これでお金持ち」。どうしてこれがお金持ちと関係があるのか。それは、必要な行動がはっきり見えるから。必要な行動がはっきりすると、行動を始めやすいのです。すると、結果も早く出ます。もしその行動でいい結果が出ないなら、さっさと次の行動に移れます。

世の中は行動の積み重ねで作られています。だから行動の早い人が成功する。

  • 話の冒頭に必要な情報がある
  • 言葉が短い

これなら誰でも必要な行動が頭に入ります。そしてこの表現方法は、自分自身に最も強く作用します。自分が何を為すべきかが明確に見える。だから、「短い言葉で結論から話す人は、お金持ちになる」という格言が成立するのです。

人を動かす具体的な話し方

ですから、以下のような表現をする上司は、部下をうまく動かせません。

「人間というものは、とっさに『YES』『NO』を求められると、『NO』と言いがちなんだ。だから、1回断られたぐらいでのこのこと引き下がってはいけない。俺なんか、『NO』と言われた後に食い下がる質問をいくつも用意して粘りに粘ったものなんだ。いいか、粘りだよ、営業は」。

部下を動かす上司は、同じことをこう言います。

『NO』と言われた時に、あとひとつ質問してみろ。食い下がる質問を3つ用意しておけ。『NO』が『YES』に変わるようになるから」。

今年、あなたにも金運が宿りますよ。

Next: 自分の魅力や才能は「短く鋭い言葉」でしか伝えられない

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい