2日の米国市場ダイジェスト:NYダウは665ドル安、雇用統計上振れで利上げペース加速を警戒

マネーボイス 必読の記事



■NY株式:NYダウは665ドル安、雇用統計上振れで利上げペース加速を警戒

2日の米国株式相場は下落。ダウ平均は665.75ドル安の25520.96、ナスダックは144.92ポイント安の7240.95で取引を終了した。1月雇用統計で非農業部門雇用者数が大幅に増加したほか、平均時給の伸びが前年比で2009年以来で最大となるなど労働情勢の改善が続き、米経済のインフレ上昇から利上げペースが加速するとの懸念が広がり、終日軟調推移となった。ダウは660ドルを超す大幅下落となった。セクター別では全面安となり、特にエネルギーやテクノロジー・ハード・機器の下落が目立った。


石油大手のエクソン・モービル(XOM)は決算内容が嫌気され、下落。検索大手のアルファベット(GOOGL)は1株利益が予想を下振れ、軟調推移。携帯端末のアップル(AAPL)は業績見通しが予想に届かず、売られた。一方で、玩具メーカーのマテル(MAT)は18年度の業績回復に期待する見方が多く、上昇。ネット小売のアマゾン(AMZN)は決算内容が好感され、堅調推移となった。

ミネアポリス連銀総裁は、賃金上昇は米経済にプラスである一方で、上昇が続く場合は金利動向に影響を及ぼす可能性があるとの考えを示した。



Horiko Capital Management LLC


■NY為替:ドル買いに拍車、利上げペース加速観測の強まりで

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円87銭から110円48銭へ上昇し、110円19銭で引けた。米1月雇用統計で雇用者数や賃金が予想を上回る伸びを示したため利上げペース加速観測が強まり米国債券利回りが上昇。ドル買いに一段と拍車がかかった。その後、金利の上昇を警戒した株安に伸び悩んだ。

ユーロ・ドルは、1.2497ドルから1.2410ドルまで下落し、1.2454ドルで引けた。欧米金利差の縮小観測を受けたユーロ買いが一段落。ユーロ・円は、137円50銭から137円00銭へ下落。株安を嫌ったリスク回避の円買いが優勢となった。ポンド・ドルは、1.4223ドルから1.4102ドルへ下落。ドル・スイスは、0.9281フランから0.9337フランまで上昇した。


■NY原油:反落で65.45ドル、長期金利上昇や株安が嫌気される

NY原油先物3月限は反落(NYMEX原油3月限終値:65.45 ↓0.35)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−0.35ドルの65.45ドルで取引を終えた。2日発表された1月の米雇用統計は市場予想を上回る強い内容だったことから、米長期金利は上昇し、米国株は大幅安となったことが要因。米雇用情勢の改善を示す内容だったが、長期金利の上昇と株安は商品相場を圧迫し、ポジション調整的な売りが優勢となった。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが2日に発表した資料で、石油掘削のリグ稼働数が増加していたことも売り材料となった。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  31.95ドル -0.55ドル(-1.69%)
モルガン・スタンレー(MS) 55.48ドル -1.97ドル(-3.43%)
ゴールドマン・サックス(GS)260.04ドル -12.19ドル(-4.48%)
インテル(INTC)      46.15ドル -1.50ドル(-3.15%)
アップル(AAPL)      160.50ドル -7.28ドル(-4.34%)
アルファベット(GOOG)   1111.9ドル -55.80ドル(-4.78%)
フェイスブック(FB)    190.28ドル -2.81ドル(-1.46%)
キャタピラー(CAT)     157.49ドル -4.75ドル(-2.93%)
アルコア(AA)       49.09ドル -3.33ドル(-6.35%)
ウォルマート(WMT)     104.48ドル -1.04ドル(-0.99%)
スプリント(S)       5.36ドル +0.26ドル(+5.10%)

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい