日経平均は大幅続落、終値は1,071円安の2万1,610円。いま狙い目の銘柄は?(2/6)

日経平均は大幅続落、終値は1,071円安の2万1,610円で取引を終えました。前日の米国株安に加え、米ダウ先物が下げ止まらず、日経平均は一時1,600円超も急落する場面も。無料メルマガ『キッチンカブーのメールマガジン』では、仕込みチャンス到来として狙い目の銘柄を挙げています。

ついにきた世界同時株安。日経平均は一時1600円超の下げ幅に

トヨタもソニーもみんな下げ

朝から900円安で日本株暴落、米国株が一時1,500ドル安となり、史上最大の下げ幅。日本株も一気に2万2,000円割れとなり大暴落。昨年後半に5,000円高した相場だが、ここで一気に2,500円安くなりそう。

ここでは大口資産家さんの含み益が7割方ぶっ飛び、さらにお金が少ない個人投資家はあまりの下げに弱気となり逃げ出す。実際には歴史的な暴落が毎日続くわけなく、近日中に落ち着く場面はありそう。

日経平均株価終値 日足(SBI証券提供)

日経平均株価終値 日足(SBI証券提供)

本日は、注目株としては個別の狙いというより、225株から、今期、来期と業績上向きであり、3月決算でも好調予想株はガッチリ狙い。新興市場株は仕込みたくても高くて狙えなかった株がここでみんな下げていることから、下落している中からやっている内容に魅力があり、しっかりと業績を伸ばしそうな株の押し目は天与の買い場となりそう。

1,000円安となっているが、ここは冷静にどこまで売られるか見ていき、押し目は段階的に狙いとなる。

仮想通貨も大暴落で高値から6割ダウン。代表通貨のビットコインは240万円から70万円に大暴落。コインチェックの件で、仮想通貨に対する警戒感が強まり、今後は国家的な規制や、さらにシステム改革、セキュリティの見直し、顧客が買った場合、簡単に資金がなくなることがないシステムを構築と、業界にはやるべきことが山積み。最悪場面を通過すると落ち着きも。

大暴落株の中の狙い目

荏原<6361>
実力あり、暴落場面狙う。

帝人<3401>
好業績、押し目はチャンス。

トヨタ<7203>
世界市場で3位後退も、押し目は狙い。

ソニー<6758>
世界のソニー。業績好調、復活の年。押し目狙い。

パナソニック<6752>
業績好調。1500円台は天与の買い場。

日立<6501>
押し目狙う。800円割れ期待も、段階的に買い。

スクリーン<7735>
評価高く、戻りに入るとすぐに100-150円高も期待する。

コマツ<6301>
戻る力あり。暴落場面をしっかり狙っていく。

NEC<6701>
3100円台から一段下げ場面狙い。好業績、今年は相場に。

三菱自動車<7211>
売上好調。日産支援で、さらに良くなりそう。強気。

野村HD<8604>
全体相場とスライドする。徹底して押し目狙いとなる。

キッチンカブーのメールマガジン』(2018年2月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

キッチンカブーのメールマガジン

[無料 平日]
情報サイトとして人気の『キッチンカブー』。さらにメルマガだけの特集を集めて毎日無料配信いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー