没落する米国の中流階級。マクドナルドの低価格戦略で実感した超格差社会

米マクドナルド社の販売戦力とその成功を見ると、アメリカでも中流階級がいなくなっていること、つまり低所得者と富裕層の2極化が進んでいることがよくわかります。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年2月5日, 6日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

マクドナルド、トイザラスほか現地報道から見る米国企業の現在

売れるのは低価格セットと高級バーガー

米マクドナルド(McDonald’s)の最新戦略を見ると、中間層の時代の終焉を感じます。現地報道のポイントを翻訳しながら紹介します。

ハンバーガー・チェーンのマクドナルドは、米国本土での売上・顧客数ともに、ここ5年間で初めて増加した。新規店舗を除く同一店舗のみの売上で見ると、直近四半期の売上高は4.5%、顧客数も1%の増加であった。

この成功の一因は、バリューメニューすなわち低価格に抑えたお買い得メニューの拡大があったことだ。

マクドナルドは、2年前に“McPick2(2人分まとめ買いセット)”を発表した。今回はさらに、従来のまとめ買いでセットにできるメニューは1$の商品までという上限を外して、「1$menu&more」という新たなセットを発売。通常価格では最高で5$となるセットメニューを低価格で発表したのだ。

昨年末、この低価格のプロモーションに賭けて、1$・2$・3$のメニューを開始。同時により付加価値の高い高級コーヒーや非常に凝った高級ハンバーガーの販売を開始した。

この「高級バーガー」と「低価格バーガー」の販売戦略の成功と、「中価格バーガー」&その他メニューの不振は、米国の中間層の縮小を示すものだ。

出典:McDonald’s strategy confirms the death of the American middle class – Business Insider(2018年1月30日配信)

以下は、記事に出てくるメニューです。

180208mc_1

180208mc_2

すぐに中間層が消えるわけではないが、痩せ細っていきつつあるのは、どこの国でも観察されていることです。

Next: 生活必需品である定番食品まで販売数が落ちている?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい