暴落からの大反発、相場の潮目は変わったのか? 投資歴55年の山崎和邦氏が緊急解説

今回の日米株価暴落は潮目の変化か、はたまた短期調整なのか。投資歴55年を超え、多くのメディアで特集される現役投資家・山崎和邦氏の解説動画を無料公開します。

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦『週報 投機の流儀(動画解説版)』』2018年2月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。

山崎和邦氏の相場観は?世界同時株安を受けて解説動画を緊急配信

2月7日号 山崎和邦『週報 投機の流儀(動画解説版)』より

※続きは有料メルマガをご購読のうえご視聴ください。初月無料です。以下、解説資料の一部をご紹介します。

<120%超の危険水準にあったバフェット指標>

今回は米国の金利上昇が引き金となったが、バフェット指標の120%超の危険水準では、こういった暴落はいつ何時起きてもおかしくないとした投資姿勢が必要となってくる。

大衆投資家は最終的には裏切られる

<メディアによる自己強化プロセス>

180208yamazaki_1

180208yamazaki_2

<需給に勝る材料なし>

裁定買残、信用買残ともにアベノミクス相場での高値水準まで積み上がる。

180208yamazaki_3

180208yamazaki_4

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『山崎和邦『週報 投機の流儀(動画解説版)』』2018年2月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。ほかにもテキストで解説する「山崎和邦 週報『投機の流儀』」、さらに図版付きでわかりやすい「山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く」も配信しています。

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

【関連】我慢と損切り、どっちが正解? 投資のブラック案件&ホワイト案件 実例集=俣野成敏

【関連】衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

山崎和邦『週報 投機の流儀(動画解説版)』』(2018年2月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

山崎和邦『週報 投機の流儀(動画解説版)』

[月額10,000円(税込)/月 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
相場局面での山崎和邦の投資スタンスを週に一度動画でお伝えし、相場急変時には緊急動画も配信いたします。山崎和邦が55年超の投資実践でつかんだ『相場を見極め、好機を逃さない心得』『勝つ哲学及び行動様式』を、そのときの相場局面と合わせて学んでゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー