Eストアー—3Q増収増益、マーケティング事業の受託受注額が増加

マネーボイス 必読の記事5本



Eストアー<4304>は8日、2018年3月期第3四半期(2017年4-12月)決算を発表した。売上高が前年同期比6.8%増の38.15億円、営業利益が同27.4%増の4.19億円、経常利益が同38.1%増の4.46億円、四半期純利益が同38.3%増の3.05億円となった。

ページ制作や宣伝広告のアウトソーシングを受託するマーケティング事業は、受託受注額が増加し、売上高は前年同期比49.0%増の8.41億円と伸長した。しかし属人的な生産性である事と人材もひきつづき強化している事から、収益化までには至っていない。

販売システム事業(名称ショップサーブ)については、すでに過当競争になっている事から、新規営業を(専門店)ECでのポテンシャルが見込める顧客店舗の獲得へとシフトさせるとともに、機能面を拡充する動きを取ってきた。これにより顧客店舗数は継続的に減少し、ストック売上(月間固定料金)は同5.4%減の14.04億円となったが、受注単価増により、フロウ売上(商規模連動料金)は、同4.2%増の15.43億円となった。

次の収益ブロックを目指したマーケティングシステム事業については、立ち上げ時期につき、システム開発や人件費など投資を今後も強化継続していくとしている。

2018年3月期通期の業績予想は、売上高が前期比4.5%増の49.90億円、営業利益が同1.0%減の4.03億円、経常利益が同1.1%減の3.97億円、当期純利益が同3.8%減の2.74億円とする期初計画を据え置いている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー