日本のbitFlyer、米シカゴで営業許可取得【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事5本



 日本最大の仮想通貨取引所bitFlyerは、米国イリノイ州で営業許可を取得した。昨年11月にBitLicenseを取得し、NY州でのバーチュアル通貨取引所の営業許可を取得した後、いままでに44の州での営業が許可された。同社は1月22日には、欧州進出も発表。

bitFlye USAのダイレクターはビットコインマガジンに、我々はイリノイ州に進出できたのを喜ばしく思う、大局的に広範な取引ができる世界取引所を目指していくと述べた。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー