前日に動いた銘柄 part2:SUMCO、パシフィックネット、安江工務店など

マネーボイス 必読の記事5本



銘柄名<コード>⇒9日終値⇒前日比

ディー・エヌ・エー<2432> 1996 -199
収益回復の兆しが見出しにくく。

タカラトミー<7867> 1106 -118
いちよし証券ではレーティングを格下げ。

オルトプラス<3672> 849 -51
第1四半期は営業赤字を計上へ。

ヘリオステクノHD<6927> 950 -69
出尽くし感もあって戻り売りニーズは強い。

西武HD<9024> 1908 -182
決算インパクト限定的もホテル事業の伸び悩み懸念。

KLab<3656> 1671 -77
地合い悪化で高水準の信用買い残などに警戒も。

ディー・エル・イー<3686> 381 -23
10月安値も割り込んで下値不安強まる。

ワコム<6727> 523 -34
決算発表を受けた8日も高値圏からは伸び悩み。

三菱UFJ<8306> 778 -21.8
地合い悪化でメガバンクには売りが集まりやすく。

日産自動車<7201> 1127.5 -36
通期予想は想定以上の下方修正に。

野村HD<8604> 650.1 -11.6
株式市場の先行き不透明感を反映も。

JXTG<5020> 656.5 -33.4
原油市況の下落をマイナス視の動きも。

ソニー<6758> 5174 -146
NYダウの大幅安を受けて主力株は総じて売り優勢に。

SUMCO<3436> 2669 -131
米エヌビディアなど半導体関連株の下落を受け。

パナソニック<6752> 1585 -22
テスラの決算後の株価下落をネガティブ視も。

資生堂<4911> 5962 +256
JPモルガン証券の目標株価引き上げなど決算評価が続く。

パシフィックネット<3021> 869 +90
引き続きセキュリティ製品への期待感が続く。

コンテック<6639> 1910 -292
業績上方修正も出尽くし感が優勢に。

フライトHD<3753> 620 -73
今期業績予想を下方修正している。

安江工務店<1439> 1594 +157
利益水準の急回復見通しや自社株買い発表で。

アーバネット<3242> 378 +39
17年7-12月期決算とともに株主優待導入を発表。

フィルカンパニー<3267> 8400 -470
18年11月期大幅増益見通しで直近急伸した反動。

テモナ<3985> 7320 +730
引き続き17年10-12月期決算や株式分割を材料視。

デジタルアドベ<4772> 383 -67
18年12月期は営業利益73.4%減の見通し。

エン・ジャパン<4849> 5130 -260
17年4-12月期業績好調もサプライズ乏しく。

アイビー<4918> 4370 -690
18年3月期業績予想の下方修正と減配を発表。

助川電気<7711> 1191 +109
17年10-12月期業績好調で上期・通期も上方修正。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー