大木ヘルスケアホールディングス<3417>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年2月1日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大木ヘルスケアホールディングス<3417>

3ヶ月後
予想株価
2,000円

一般医薬品卸。医薬品や健康食品、化粧品、日用雑貨等を薬局、ドラッグストア、スーパー等に販売。通販も行う。またPB商品の開発受託行う等、メーカー機能も持つ。18.3期3Q累計は約60%の営業増益と好調持続。

18.3通期は2%の増収予想。プライベートブランド商品等の競争力ある商品の充実、新業態への事業領域を拡大。コスト構造改革と経費削減プロジェクトを推進。株価は好調な業績を受けて急騰。調整を経て一段高へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/226,800/1,930/2,850/1,950/139.08/14.00
19.3期連/F予/230,000/2,030/3,000/2,050/146.21/14.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/02/01
執筆者:NI

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい