仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



2月13日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。


■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.23%
2位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +76.52%
3位:ステラ(XLM)             +31.80%
4位:ネム(XEM)              +53.43%
5位:アイオタ(MIOTA)          +43.40%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -55.00%
2位:イーサリアムクラシック(ETC)  -94.22%
3位:ライトコイン(LTC)        -393.50%
4位:クアンタム(QTUM)         -817.45%
5位:トロン(TRX)            -473.98%


※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい