【展望】戻り相場だが上値は重たい。想定レンジは2万1,100円~2万2,100円=証券市場新聞

今週のレンジは2万2,100円~2万1,100円を予想する。戻り相場だが上値は重たく、上昇には海外投資家の買いにつながる明確な円安トレンド入りが必要だろう。(『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2018年3月9日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

スマホで購読できる証券専門紙『証券市場新聞』の日経平均展望

明確な円安トレンド入りが必要

3月のSQ値は2万1,575円45銭と2月SQ値から+385円で決まった。

その後も「米朝首脳会談5月に」との情報が伝わるとこれを好感し、一時は約500円高となり25日移動平均線(2万1,766円処)を抜いてきた。

しかし、1月23日の高値と2月27日の高値を結んだ上値抵抗ライン(9日時点2万1,940円)で跳ね返されて急激に値を消し、上下に約400円程動く荒いSQ日となった。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

東証が発表した投資主体別売買動向によると2月の第4週は海外勢は8週連続で売り越し、8週間の売り越し額は先物で5兆円現物で2兆1000億円になったようである。

一方、個人投資家は6週連続で買い越し、同期間で買い越し額は1兆7000億円となっている。この期間は日経平均で711円(3.2%)下落しており、下値を着実に買っているようである。

過去の例から見ると海外勢が8週連続で売り越してくると売りは峠を越えてきているが、上値を買うのは外国人投資家しかいないので、そのためには明確な円安トレンド入りが必要であろう。

戻り相場だが上値は重たい

チャート的には日足のMACDがシグナルを抜いてきており「買いシグナル」が点灯している。ボリンジャーバンドのバンド自体も収斂してきており、日々の値動きもだんだん収まっていくように思われる。

ストキャストのスローは29ポイント、RSIは41%と過熱感も割安感もない状態である。

上値をトライするには、まず終値で25日移動平均線を明確に抜いてくることが必要である。抜いてくることができれば、3月1日に下落過程でできた窓(2万2,068円~2万1,901円)を埋めに行くと考えられる。

下値は上昇過程で開けた窓(2万1,201円~2万1,164円)埋めの2万1,150円処と見る。今週も意外高後の急落があるかもしれないことに注意したい。

今週のレンジは2万2100円から2万1100円を予想する。表記は全て現物の数字であり、先物は3月配当分約170円を引いて考慮して頂きたい。

【連載】株式評論家「高野恭壽の株式情報これでどゃ!!」

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2018年3月9日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した連載「高野恭壽の株式情報これでどゃ!!」もすぐ読めます。

【関連】ビットコインを叩きのめせ。G20が仮想通貨を目の敵にする納得の理由=E氏

【関連】ドバイで進む「人工知能政府」開発を、なぜ日本のマスコミはひた隠すのか?

【関連】ドル円100円も見えてきた。日経平均と為替、3月の展望は=江守哲

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2018年3月9日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい