【東京五輪】2520億円「新国立競技場」ってどんな利権なの?総工費が“金メダル級”になる理由

2020年の東京オリンピック主会場となる新国立競技場について、下村文科相は先月29日、総工費2520億円で2019年5月に完成させる計画を舛添東京都知事に示しました。2本のアーチ型屋根は維持したいそうです。

総工費2520億円は、ギリシャの7倍、中国の6倍という桁違いの額。どうしてそんなにお金がかかるのでしょうか?メルマガ『らぽーる・マガジン』が分かりやすく解説しています。

【関連】安倍内閣をウラで操る「日本会議」の狙いとは?

ギリシャの7倍!中国の6倍!東京新国立競技場の総工費は“金メダル級”

新国立競技場の建築費は2520億円

メイン会場総工費、2000年のシドニーで約460億円、2004年アテネで約360億円、ギリシャはこのアテネ五輪で破綻の道を一直線に進んだわけで、この東京新国立競技場の数字を見たらびっくりするでしょうね。それでも日本は潰れないのですからね。

続けます。2008年北京で約430億円、鳥の巣で記憶が新しいですね。2012年ロンドンでは約650億円、そして東京は2500億円、桁が違います。

アテネの約7倍です。

アテネ・オリンピックスタジアム

アテネ・オリンピックスタジアム

物価も経済状況も違う、人件費も比べものにならないとは言いますが、それにしてもこの数字、いったいなんなのでしょう。

現存する施設を使うスモールパッケージのお金のかからない五輪を目指すと、石原都知事閣下はおっしゃっておられましたよね。閣下がお作りになられた新銀行東京からお借りできないものなのでしょうか。

屋根の独特の2本のキールアーチ(船底を意味します)を支えるのにかなりのお金がかかるそうです。そのデザインは変えないわけですから、お金がかかっても仕方がありませんね。

Next: こだわりのアーチ型屋根でウハウハのゼネコン、泣くのは納税者?

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額324円(税込) 毎週月曜日]
投資を始めたばかりの人、これから投資を始める人に向けての情報誌です。ある程度投資を経験している人にも、今後の投資判断の材料としていただく情報を書いています。今足元で起きている出来事を、報道情報を深く読み解き、また、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに、分かりやすく解説していきます。投資が「わかりやすい」情報誌です。「らぽーる」は、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい