アップル株買い推奨?

エピックチャンス 発動中

米国大手IT企業のアップル社は、税制改革減税に伴う利益の還元として自社株買い及び配当プログラムを$1,000億まで増額させる可能性があるとCNBCで報道されている。(本文

Citiリサーチ社は、アップル株の買い推奨を繰り返し発表し、同社のJim Suva氏はアップル社の目標株価は$200と断言している。現在の株価約$168.38から約19%の上昇を予想している。

アップル社の株価(2018年4月6日)

アップル株買い推奨?

出所:ロイター https://www.reuters.com/finance/stocks/chart/AAPL.OQ

 

アナリストの予想では、次の業績発表において株主に対する資本還元の金額枠を現在の$3,000億から約$4,000億に増額するとしている。増額分$1,000億は直近2年間と比較し2倍に相当する。同社は過去5年間に年平均$320億分の自社株買いを実施しており、今後自社株買いの金額は2倍以上になると述べている。またアナリストの評価として株価がまだ魅力的な水準である点や、今後安定的にビジネス拡大する等の前向きなコメントがある点は、投資家にアップル社株購入のきっかけを与えるかもしれない。

アナリストのシナリオ通り自社株買いの増額枠が公表された場合、更なる株価の上昇が見込まれると考える。同社は以前無配であったが、2012年以降配当を実施し株主還元を積極的に行っている。当初無配であったアップル社が多様な株主還元政策を実施するようになった現状を踏まえ、日本企業においても積極的な株主還元策拡大を期待したい。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー