バフェットの真似をしたら、億万長者になれる? 3パターンで検証=東条雅彦

現在では、著名投資家が「どの銘柄を購入して、どの銘柄を売却したのか」という売買情報が、インターネットを介して一瞬にして世界を駆け巡ります。そして、いま現在、どういうポートフォリオになっているのかもわかります。

それでは、私たちのような素人が著名投資家のポートフォリオを真似することで、素晴らしい投資結果を得られるかどうか?

本稿ではこの疑問に応えるべく、具体的に検証していきたいと思います。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

バフェットの成績を上回る方法も?実用的な「コピー投資」を検証

最も影響力のある投資家「ウォーレン・バフェット」

私たちのような素人は、著名投資家のポートフォリオを真似することで、素晴らしい投資結果を得られるかどうか?

この検証で利用するのは、世界一の投資家ウォーレン・バフェットが経営する投資会社バークシャー・ハサウェイのポートフォリオです。

バフェットの生涯の運用成績は年利約20%となります。年利20%で世界一の投資家になれると聞くと、一見、低いリターンに見えるかもしれません。しかし、それは異なります。

人間の脳には理解しがたい「複利マジック」によって、資産は指数関数的に増えていきます。以下のグラフを見れば、年利20%という運用成績がどれだけ凄いのかがわかると思います。

<年利20%で100万円の資産を運用していく>

180412tojo_1

長期にわたって年利20%の運用成績を続けることで、100万円が26年後には1億1,448万円に化けます。すべての長期投資家はこの「複利マジック」を炸裂させることを意識していくべきです。

10年前のバフェットの投資先は?

今から10年前の2007年12月末時点で、バフェットは次の銘柄に投資していました。

<バークシャー・ハサウェイ投資先一覧 2007年12月末>

出典:Annual Report

出典:Annual Report

少し本題から話が逸れるかもしれませんが、バークシャーの投資先で時価総額(Market)が取得価格(Cost)の10倍以上になっているのは、コカ・コーラのみです。いわゆる、テンバガー(10倍株)を保有し続けるのはなかなか難しいということがわかります。

まず、検証の前に以下の銘柄は投資対象から外します。

・バーリントンノーザンサンタフェ(後にバークシャーの完全子会社になったため)
・クラフトフーズ(後にハインツと合併して、バークシャーの関連会社になって、投資部門から外れたため)

Next: 真似して上位5銘柄を保有してみると…驚きの結果に!

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい