海外ファンド、目指すは日経4万円。そんな大相場で個人が勝ち逃げするたった1つの方法

資金を持て余した海外ファンドが日本株を買っています。彼らのシナリオでは日経平均2万円は通過点にすぎないようです。本当にそんな大相場がやってくるとして、個人投資家が海外勢を出し抜き「勝ち逃げ」する方法とは?メルマガ『らぽーる・マガジン』が解説します。

「日本株を買うしかない」巨大ファンドのフトコロ事情

7月マーケットは、初旬はギリシャ問題に振らされ、中国上海総合指数の急落の影響を受け、FOMCでの利上げに対するメッセージが注目され、そして先週はハワイでのTPP交渉がテーマとなりました。

TPP交渉は最終合意に至らず、今後の日程にも大きく影響してきます。

オバマ大統領は軸足をアジアに置くと宣言しています。経済や軍事においてアジア中心に展開していく方針が崩れる事態となりそうです。なんとしてでも就任中にTPP妥結までこぎつけてたいことでしょう。

個別銘柄の動きを見てもボラティリティ(値幅の変動)が大きい物もあり、デイトレをするにはちょうど良いかもしれませんが、ドル・円はもっとボラティリティが欲しいところでしょう。

海外投資家も、長期夏休みを取りますから、その前にポジションを整理しておきたいでしょうから、今まで持っていた物を手じまう動きが見られます。それがマーケットの下落として表れるのでしょう。

つまり買っていた株を売り、買っていたドルを売るという動きが出ていると思われます。

その海外投資家ですが、ある専門家の話では、世界最大のファンドであるブラックロックは、今有り余る資金があるそうで、巨額な資金は本来なら機関投資家であるなら債券で安全運転させたいところ、債券ではほとんどうまみがない(世界的金利低下状態であるため)ので、株で運用していると前置きがあり、割高感があるアメリカ市場よりも割安感がある日本市場を買うというのだそうです。

NYダウ 月足(SBI証券提供)

NYダウ 月足(SBI証券提供)

事実買っているようで、日本の大型株はニューヨークやヨーロッパから買い、小型株は東京の日本で買っているそうです。

この海外の巨大ファンドが日本を買うということ、債券ではおいしくないので日本株を買うというスタンスは、日本に大きなボラティリティを求めているということです。

もっと端的に言うと、日経平均株価が20,000円ぐらいだとつまらない、40,000円を目指す勢いになって欲しいと思っているということです。

Next: これからの大相場で、個人投資家が勝ち逃げする方法とは?

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額324円(税込) 毎週月曜日]
投資を始めたばかりの人、これから投資を始める人に向けての情報誌です。ある程度投資を経験している人にも、今後の投資判断の材料としていただく情報を書いています。今足元で起きている出来事を、報道情報を深く読み解き、また、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに、分かりやすく解説していきます。投資が「わかりやすい」情報誌です。「らぽーる」は、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい