「日銀の追加緩和はあるのでしょうか?時期と規模は?」個人投資家Tさんの質問に回答! – 山崎和邦 わが追憶の投機家たち

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家や重大事件を振り返る本連載。今回は特別編として、好評配信中の有料メルマガ『投機の流儀』より、現役投資家・東京のTさんと山崎氏のリアルタイムなやりとりをお届けします。はたして、日銀の追加緩和はあるのでしょうか?あるとしたらその時期と規模は?

山崎和邦 週報『投機の流儀』vol.156 2015/8/9号より、マネーボイス編集部にて再構成

黒田日銀は追加緩和に動くか?消費者物価ゼロ近傍、景気弱含み

現役投資家・東京のTさんからの質問(8月2日夜):

東京都在住、地方公務員にして個人投資家のTと申します。
質問を差し上げるのは2回目です。

毎週日曜配信の『投機の流儀』を心待ちにしている読者の一人です。特に「心得」はその時々の心持ちによって新たな気付きがあり、折を見て読み返し勉強させていただいています。

さて、質問は日本銀行の追加金融緩和の可能性についてです。

当方は「あり」と踏んで4月、7月とファーアウトのオプション買いポジション(※1)を取っていましたが不発で、損切りしました。私が「あり」と考える理由は、

  1. 物価が全く上昇傾向になくゼロ近傍を彷徨っており、このままでは黒田さん岩田さんともに全くの公約違反になってしまう
  2. 景気が弱含みであること(6月の鉱工業生産は想像以上に良かったですが、4−6月のGDPはマイナス成長が予測されているようです)
  3. 安倍政権が安保問題で自ら複雑骨折し支持率を落としており、起死回生の一発として政権が緩和を望んでいる可能性があること
  4. このまま景気が悪化すると2017年の消費増税もおぼつかないと思われるが、黒田さんはなんだかんだ言っても元大蔵官僚でありいっぺん先延ばしにされた消費増税はなんとしても成し遂げたいはずである
  5. 原油は日銀の予測ほど上がらないと思う

以上です。

一部では総務省統計局がCPIの基準そのものをエネルギーを除いたものに変更するなどという報道もありますが、これはゲームの途中のルール変更であり、「期待」を重視する黒田さんのこれまでの発言からするとそれはないのではないかと思うのです。

そこで山崎先生に、

  • 追加緩和ありなしについてのご見解(時期も含めて)
  • あるとするならばどのような手法、規模になるのか
  • 追加緩和に備えたポジションを取るなら具体的にどうするか

についてご教示賜ればと思いメールしました。よろしくお願いいたします。

Next: いまは「休むも相場」?山崎和邦氏の回答を限定公開!

1 2
※1 ファーアウトのオプション買いポジション
原資産価格から遠く離れた権利行使価格(ファー・アウト・オブ・ザ・マネー)のオプション買い。Tさんは相場急騰を期待していたので、例えば、日経平均株価が2万円のときに、権利行使価格22000円の日経225コール・オプションを単価15円で30枚(45万円分)買うような取引になる。単純な先物買いと比較して、必要証拠金が少なく済み、相場が逆に動いた場合のリスクが限定されるのがメリット。反面、レンジ相場やジリ上げ程度の相場では損失になりやすいデメリットもあり、日銀の追加緩和(ポジティブ・サプライズ)を積極的に狙った非常に強気かつ投機的なポジションと言える
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー