2016年は高値波乱も~「7月参院選にらみ無策ではあり得ない安倍政権」=山崎和邦

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家や重大事件を振り返る本連載、今回のテーマは「東京株式市場~2015年の振り返りと2016年の展望」です。展望では(1)政権連動相場 (2)海外投資家動向 (3)日経新聞恒例「20氏アンケート」の3つの観点から2016年の相場を占います。

東京株式市場~2015年の振り返りと2016年の展望

「壮年期」真っ直中のアベノミクス相場

2015年は、所謂「アベノミクス相場」の壮年期の年であった。

青春期は一昨年の5月23日、始動期から約1.8倍の15,943円を以て天井を為し、3,500円安という派手な完結式を挙行して終わった。当日は後場だけで1,000円以上下げた。そこからあとは壮年期相場へ移行する強含み保ち合いであり、2015年はまさに壮年期相場であった。

「青春期相場」は、世間の実相は未だ暗いうちに、雪の中に芽を出した雪割り草の一片を見て近い将来の春爛漫を想像する。それは峻厳なる現実でなく豊富なる想像の世界だ。故にアバタも笑窪で何でも買う、何でも上がる、しかも青春期だから猛烈に買う。

衆院解散の決まった12年11月14日がアベノミクス相場の始動日であり8,665円だったが、僅か半年で1.8倍を超えた。これが以前に本連載でも取り上げた木佐森吉太郎氏の言う「観念相場」である。

当時、麻生財務大臣は「期待先行で(円安に)持って行く」と言ったものだが、確かに麻生さんの言った通り、円ドル相場は1円の介入もなしに80円から100円になった。株も為替相場もこれこそが「観念相場」であり「期待先行」であり「青春期相場」の本質である。みな同じ意である。

それからあとの相場が壮年期相場である。現実を見ながら、そろりそろりと躊躇いながら進む

筆者は2015年6月~8月の20,900円を以て、世間の評論家やストラテジストの大半が先行き強気な中ではあったが、これを「高値圏のくどい膠着」と見て「壮年期相場の大天井」と見なし、拙著メルマガでもそう述べてきた(因みに拙著メルマガは、昨年は『まぐまぐ大賞』の「金融経済(有料)」部門、今年は「MONEY VOICE」部門で第1位を受賞する結果を得た。これは多数の愛読者のおかげで望外の幸せであった)。

2015年、3つの特色

さて、今はこの大相場が始動してから3年と1ヶ月を経た。これほど長期間の内閣連動相場はこの半世紀に類を見ない。政策連動相場は1960年代の高度成長相場、65年夏~70年春までの「いざなぎ景気」相場、80年代の中曽根内閣の構造改革相場、小泉内閣時代の郵政改革相場等々があったが、今回ほど濃密な関係は他になかったと言えよう。

この政策連動相場は、全ての回において始動から大天井まで日経平均で2倍~2倍半前後であり、今回も2.4倍だった。「6月の20,943円÷12年11月14日の衆院解散決定日8,665円≒2.4」となる。

2倍~2倍半になった大相場は今回を除いて半世紀に5回あったが、今までの大相場の日柄は2年半~4年半であった。しかしながら、その内実は全ての回で大幅に異なる。今年は大相場の満3年を過ぎた年であり、本年の特色は次の3点に絞られる。

1. 日経平均が4本連続陽線、これは平成になって2回しかない

前回は小泉内閣の03年~06年の4本連続陽線、それと今回のみである。前々回は昭和の終わりから平成元年までさかのぼらねば4本連続陽線はない。

Next: 2. それにもかかわらず「This is Japan銘柄」の受難の年であった

1 2 3 4 5

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、近著3刷重版「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)等。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー