日経「1日1,000円超」の上昇は過去16回、うち11回は上げ幅を帳消しに=山崎和邦

大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版が新登場!テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。そこで今回の「わが追憶の投機家たち」では、このデラックス版の最新号から、乱高下する東京市場に対する山崎和邦氏の見通しをご紹介します。

妥当水準は日経18,200円?乱高下相場、私はこう見る

黒田2の空けた窓を埋めて半値押しも果たした

かねてから本稿では気にしていた「もしかしたら2014年10月末の黒田バズーカ砲2の空けた窓埋めを果たしに15,701円を覗く可能性」を述べ、最悪のケースはこの大相場の故郷を慕って半値押しの14,809円のケースまで見るべきか、などと述べてきたが、ついに2月12日(金)の14,866円を以てそれを果たした。

昔は「本家還り(ほんけがえり)」と言った。そこから僅か1日で1,000円の大台を2度変えた。

図1 アベノミクス相場

図1 アベノミクス相場

数日の暴落で1,800円下落し、先々週の週末は-760円、翌日15日にはGDPの悪さ加減が発表されたのにも関わらず1,069円の大幅高、1週間の動きは1,868円幅だった。

筆者は東京に居なかったが、気温も4度だったり24度だったりしたようだ。

急激に円高に振れて115円がアッという間に110円台に突入。通貨は常に乱を恐れる。乱を恐れた通貨が安全を求め且つ取引量の大きさを求めて日本円に殺到した、よって急激な円高を示現し、それが株安に直結した、という筋書きだが、その筋書きの自作自演者こそヘッジファンドである。

しかも諸悪の原因が原油安でオイルマネーの市場活動は200兆円あって、そのうちの60兆円が日本市場でのウリ圧力になっているということになっている。

図2 主なオイルマネー系SWF(sovereign wealth fund:政府系ファンド)

図2 主なオイルマネー系SWF(sovereign wealth fund:政府系ファンド)

欧米経由だから真相は不明である。その筋書きに“悪乗り”するのがヘッジファンドという“21世の妖怪”である。

Next: “21世の妖怪”ヘッジファンドが自作自演する先物主導相場

1 2 3 4

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、近著3刷重版「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)等。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー