株安2大要因を覆す「理外の理」 マイナス金利と原油安、私はこう見る=山崎和邦

今回は、山崎和邦氏が株安の2大元凶と考える「マイナス金利」と「原油安」を考察します。現状、原油価格が戻ることは理屈の上ではあり得ず、よって株高も望みにくいと見る山崎氏があえて想定する「理外の理」とは?

株安の根本原因、原油安は続く。だがあえて「理外の理」を考えれば

マイナス金利は「麻薬」行き着く先は誰にもわからぬ

北欧の小国ならいざ知らず、大国としては日本が初めてのことだ。

黒田日銀の「バズーカ砲」と呼ばれる、サプライズを以て為替と株価を動かす手法は2013年4月の第1次は「良薬」、2014年10月の第2次は「劇薬」、今回の第3次のマイナス金利は「麻薬」だと一読者が例えてくれたので、本稿はその用語を採ることにしよう。

策師・黒田総裁の投薬は2回までは奏功したが「仏の顔も3度まで」で、為替も株も市場はそれを心得ていて、麻薬だから効き目は2日間しかなく、その後は麻薬注入以前のレベルを越えて逆の副作用が出た形である。

今回のマイナス金利は、金融政策決定会合の9人のうち賛成5人は黒田総裁以降のメンバー、反対4人は白川総裁時代の就任メンバーだった。

学者の白川元総裁」「気合の黒田総裁」と半ば揶揄しながら述べたことがあったが、本稿で“ややマシ”と評してきた福井総裁時代、03年春の7,604円~07年7月の18,261円までの2.4倍の株式相場(小泉改革相場)が現出した際、その福井総裁でさえが在任中の05年に「量的緩和政策で実体経済を動かすのは『おこがましい』」と言ったと議事録にあるのだそうだ。

そうだ、と言うのは、筆者が自分で読んだ訳ではなく、信用すべき学者からの伝聞情報だからである。

本来、実体経済は鉱工業生産、流通、土木建築、運輸、サービス、農業などで構成されており、金融政策はそれらをより良くさせるための「手段」であり、株価は実体経済を「先取りする鏡」であった。

ところが今は「手段」が「実体」を動かすことができず、それを飛ばして「鏡」が「手段」によって動かされている、という珍現象が生じている。妙な表現だが「犬が尻尾を振る」のではなく「尻尾が犬を振る」ということになっているのだ。

インフレ目標の「2%」に対してマイナス金利で頑張る黒田日銀の行方については誰にもわからない。だいたい、「出口戦略なんて元来ないんだ」というのが本稿の従前からの言い分だったし、筆者の知る範囲では出口戦略に対する学術論文は皆無だそうだ。

自分でポジションを持たない人種の言う無責任な評論は幾らでもあろうが、学術論文となると皆無という。FRBのイエレン議長は、マイナス金利の導入には法的にクリアしなければならない問題がアメリカにはある、というような意味のことを言っていた。

マイナス金利の効果には不明な点が多く、かのノーベル経済学賞受賞コンビ、ショールズとマートンさえもマイナス金利は想定してなかったから、ショールズ・マートン方式で適正価格を算出してきた転換社債の計算が不能になったと証券会社は嘆いている。

Next: マイナス金利に慌てる証券会社・銀行の動きが株安を招く

1 2 3 4 5 6

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)、近著3刷重版「賢者の投資、愚者の投資」(日本実業出版)等。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー