マイナンバーは未曾有のチャンス。バブル的に売上が伸びる職種は?

shutterstock_100234661
 

これまでマイナンバー制度について様々な情報を提供してくださった『もう、資格だけでは食べていけない』の著者・横須賀輝尚さん。今回はマイナンバーで一儲けすることができる職種、受けることが出来る恩恵についてのお話です。

マイナンバーで得する人たち

多くの人が気になっているのが、「儲け話」。つまり、マイナンバーで得することがないだろうか? あるいは、事業としてどれだけ儲かるのかという一攫千金を狙っている人もいるでしょう。法改正はこのように、様々な変化やチャンスが眠っているのです。

まずは、拙書「士業・コンサルタントのためのマイナンバーで稼ぐ技術」にあるとおり、士業やコンサルタントにとっては未曾有のチャンスだと言えるでしょう。詳しくは本書をお読みいただきたいのですが、マイナンバー施行によって、企業はまずマイナンバーの対応をしなければなりません。この仕事に最適なのが、士業・コンサルタントなのです。

また、マイナンバー施行によって、様々なことが露呈すると言われていますが、その中でもっとも注目されていることのひとつに、企業の中で社会保険未加入であることがバレてしまうことが予測されてしまう。法人は社会保険に強制加入となっていますが、実際のところは、未加入のところも多く、個人の情報がマイナンバーで紐付けされるため、法人の社会保険未加入が露呈してしまうというわけです。そのため、社会保険労務士などはバブル的売上伸ばせる可能性があります。こうした事業者にはこれ以上ないビジネスチャンスなのです。

これに対して、事業をしていない人は、果たして得をすることがあるのでしょうか。まずはストレートに行政の手続き簡単になります。役所に行って「あの書類が足りない」「この証明書が足りない」と言われたことは多数あると思います。そういったいわゆる縦割り行政の弊害みたいなものは、少なくなると言われています。手続きが簡単になることはいいことですね。

それから、年金記録正確になります。消えた年金問題というのがありましたが、こういった問題はなくなる(そもそもあってはならないことですが)とされています。過去のデータの消失はもう修復不可能かもしれませんが、今後はこのようなことが起きないとされています(と、信じたいものです)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • マイナンバーは未曾有のチャンス。バブル的に売上が伸びる職種は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい