北海道新幹線開業の陰で…消えゆく「夜行列車」たち

image3 (2)
 

北海道新幹線開業で列車が消えていくー。鉄道ファンにとっては悲痛な叫びが聞こえてきそうです。無料メルマガ「客車隊報」の発行者である海峡同盟で代表を務める中尾一樹さんが廃止が決まった「カシオペア」と「はまなす」について解説しています。

名残惜しい消えゆく列車たち

北海道新幹線開業の陰で、消えてゆく列車もあります。

そう、♪上野発の夜行列車~と歌われた夜行列車たちです。

現在JR線を走る夜行列車はわずかに6往復(寝台特急「カシオペア」「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」、急行「はまなす」、快速「ムーンライト信州」「ムーンライトながら」)しか残っておらず、そのうちの2往復がまもなく消滅します。

このうち「カシオペア」の車両はツアー形態のクルーズトレインとして残るようですが、運行ダイヤや価格などが大幅に変わってしまいます。

そして「はまなす」は列車のみならず車両も廃車されてしまう予定ですので、夜行列車体験をしてみたいという方は残された時間を有効に活用し「乗車体験」されることをおすすめいたします。

寝台特急カシオペア」は全車二階建てのA個室となっており、料金的にもかなりお高いのですが、高いなりにサービスは充実しております。

image2

撮影: 中尾一樹

一般利用できるものとしては事実上最後となるであろう食堂車が連結されており、車窓を流れる星空や風景を見ながら食事ができる貴重なチャンスです。

image1 (2)

撮影: 中尾一樹

あいにくディナータイムは予約制で、今では「カシオペア」に乗ること以上に予約が困難な状態ですが、夜間のパブタイム(食事もできます)や翌朝のモーニングタイムは先着順のため、まだ体験することは可能です

上野発なら朝焼けの大沼湖畔噴火湾の海岸風景を見ながら食べる朝食は格別で、かつて北海道を行き来していた特別急行列車(←あえてこう記す!)の食堂車を彷彿とさせてくれます。

image9

撮影: 中尾一樹

そして今回、完全に消滅してしまう鉄道文化が「(JRの)急行列車」です。

イベント列車や団体列車では急行が健在ですが、毎日運行される定期列車としての急行はこの「はまなす」が最後となりました。

今のところ「はまなす」がなくなっても急行料金という規則は残るようですが、今後の展開が気になるところです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北海道新幹線開業の陰で…消えゆく「夜行列車」たち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい