プーチン、電撃のシリア撤退。ロシアはどんな「目標」を達成したのか?

shutterstock_340622207
 

シリアで反アサド派やISへの空爆を続けていたロシアが、軍の撤退を明らかにしました。同盟者であるアサドを守り、不安定ではあるもののシリアに平和をもたらしたロシアが「達成された」と語った軍事行動の「目標」とは何だったのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、ロシア軍のシリア参戦と撤退の真実について詳しく解説しています。

プーチン、神速の用兵術~ロシア軍、シリアから撤退へ

プーチンは、軍に「シリアから撤退するよう」指示を出しました。

ロシア大統領、軍にシリアからの撤退を命令

CNN.co.jp 3月15日(火)9時36分配信

 

(CNN) ロシアのプーチン大統領は14日、ロシア軍はシリアでの目的を果たしたとして、撤退するよう指示したことを明らかにした。

 

国営スプートニク通信によると、撤退は15日から始まる見通しだ。

 

プーチン氏は「国防省と軍全体に課された任務の目標は達成された。シリアからの軍撤退を明日始めるよう、国防相に命じる」と述べた。

そして実際、空軍の戦力が続々と引き上げを開始しています。

ところでプーチンは、「国防省と軍全体に課された任務の目標は達成された」と語りましたが、軍事行動の「目標」はなんだったのでしょうか?

皆さんご存知ですね。表向きは、「全人類の敵『イスラム国』(IS)を退治すること」。本音は、「海軍基地のある親ロシア国家シリアの、親ロシア反欧米政権アサドを守ること」です。

ロシア大統領府によると、プーチン氏は撤退について、シリアのアサド大統領と電話で会談した。

 

両首脳は、ロシア空軍がシリアのテロ組織に「相当な」打撃を与えて形勢を逆転させたとの見方で一致し、空軍主要部隊の撤退日程で合意した。
(同上)

アサドは、本当にロシア軍のおかげで救われたのでしょうか?

軍事アナリストらによると、アサド政権は当時危機に陥っていたが、ロシアの介入によって反体制派や過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」への反撃が可能となった。
(同上)

プーチン嫌いのアメリカCNNも、「ロシア軍によってアサド政権は救われた」ことを認めています。とはいえ、ロシア軍が「完全に撤退」というわけでもないようです。

ただ、ロシアは「停戦監視のため、シリアに航空援護拠点を維持する」という。
(同上)

これは、ISや、シリア北部にしばしば侵入しているトルコなどに睨みをきかすためなのでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • プーチン、電撃のシリア撤退。ロシアはどんな「目標」を達成したのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい