【激怒】当てられて痛感した、「無保険」自転車の低すぎる交通モラル

shutterstock_286875518 copy
 

自転車による交通事故が増加傾向にある昨今、未だに自転車保険への加入意識は低く、加入者は全体の約2割程度と言われています。メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』では、著者の“ジャンクハンター吉田”こと吉田武さんが身を持って経験した、自転車を運転する人たちの意識の低さに怒りを爆発させたエピソードを紹介しています。

自転車も軽車両なのに保険加入者の少なさに驚く

さて、メルマガも10回に達してしまいましたが、そんな吉田は相変わらずカラダを張ったことをやっておりまして、元・交通機動隊員の方に2時間半タップリと行なった、濃厚なインタビューを今回から展開して行く……つもりでしたが、急遽、問題提起したくなる事案が飛び込んできましたので、数回に渡ってレポートしていきたいと思います。

タイトルは柔らかく書いておりますが、実は吉田はとても怒っているんです。私的な部分に引っかかってしまいますが、3月上旬にフォルクスワーゲン『ニュービートル カブリオレ』からトヨタ『プリウスα』へ60回のローンを組んで、会社名義で買い替えました。すると、買ってまだ1度もローンを支払っていないのに、コンビニの駐車場へ車を止めて買い物している最中に駐輪した自転車が倒れてきて、そのペダル箇所がフロントバンパーをガッツリと傷つけてくれて、加害者の男性に修理費を請求したんですね。

その男性もおかしいんです。コンビニには駐輪場が設置されているんですが、店の入り口前が近いからと自動ドア付近へ駐輪し、前カゴに入れている荷物の重さから、駐輪した直後に自転車のみが転倒。最初はぶつかったのかぶつかってないのか本人は気にしてなく、何食わぬ感じだった男性ですが、コンビニの高性能な防犯カメラに加え、店員がその倒れこんでプリウスαに自転車をぶつける瞬間をしっかり目撃してました。吉田自身は買い物していたことでその自転車が転倒して傷つけられたことは知りません。帰り際に店員の方が呼び止めてくれて発覚。もう最悪です。

で、40代後半のその男性には傷をつけた認識をしっかりとわかってもらうべく、民事ではあるものの警察に連絡し、現場に来て頂きましたよ。当然示談ですから民事不介入の警察はめんどくさそうな顔しつつ「お互いの連絡先を交換して修理のやりとりは双方同士で行なってください」との事務的な対応。

結構ガッツリと傷がついているにも関わらず、加害者の男性はぬぼ~っとして自転車を倒して車に傷つけた、事の重大さにあまり関心がない様子。即座にスマフォで会話を録音したのでそのやりとりを文字に起こしますのでご参考に。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【激怒】当てられて痛感した、「無保険」自転車の低すぎる交通モラル
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい