脳トレよりもヨガ・瞑想。最新研究でわかった「認知症」予防効果

2016.05.19
937
shutterstock_218814982 copy
 

世界的に止まらない高齢化の流れの中で、認知症の克服は現代医療のメインテーマとなっています。そんな折、ヨガや瞑想が認知症の予防や進行を遅らせる効果があるという研究結果がアメリカで発表されました。

脳トレゲームやパズルはもう古い?

名前や人の顔、大切なことがある日付やその出来事などを忘れてしまうことは認知機能が衰えたまぎれもない兆候です。

加齢によって起こる認知症やアルツハイマーなどを含む神経変性の病気は、我々から記憶、思考、理由付けなどの脳力を徐々に奪っていくのです。

しかしメディカル・デイリーによると最新の研究では、ヨガや瞑想をすることは、クロスワードパズルなどのような記憶力トレーニングに比べて、アルツハイマーや認知症につながる認知と感情障害に効果があるとしています。

「ヨガは記憶力トレーニングよりも、気分や不安への対応力といったところにも作用する」と、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の精神科教授で今回の研究を行ったHelen Lavretsky氏は言います。

例えば”脳トレ”ゲームは、加齢に伴う認知機能の低下を食い止めると、メディアではよく持ち上げられてきました。

有名な脳トレゲーム“Luminosity”は記憶力、注意力、問題解決力など40種類以上の認知機能を向上させるゲームが利用でき、会員登録すると1週間に3回〜5回、15分程度のゲームを継続するように促されます。

Lavretsky氏のチームでは、55才で記憶力に問題があるとされた25人の協力者に対して、ヨガや瞑想と記憶力トレーニングの効果を調べました。

この問題とは、名前、人の顔や約束を忘れたり、置いたものに場所がわからなくなったりするという種類の症状です。

協力者は調査の最初と最後に記憶力テストと脳のスキャンを行いました。

25人は2つのグループに分けられました。

11人は記憶力増進トレーニングを週に1時間、そして科学的に証明された方法にもとづいた、言語および視覚で顔や名前、リストなどを記憶してそれを試すといったことを1日20分行うグループ。

残りの14人はクンダリーニヨガのクラスを1週間に1時間行い、キルタン・クリヤ瞑想を毎日自宅で20分行うというものです。

この研究で分かったことは、12週間後どちらのグループも歩行中や運転中に場所を思い出したり、道順を理解するのに必要な言語記憶については、同じような効果が見られました。

しかし、ヨガと瞑想を行ったグループでは、鬱や不安といった感情がより少なくなり対処能力やストレス耐性が向上していたのです。

これは老年期において、認知機能障害になると感情の処理が難しくなるため、とても重要な発見です。

記憶が失われると不安感が増大し、その結果、鬱を誘発してしまうのだとLavretsky氏は言います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 脳トレよりもヨガ・瞑想。最新研究でわかった「認知症」予防効果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい