26年も未使用で眠っていた、伝説のファミコン専用コントローラー発見

160708_pg00
 

あの頃、俺たちを熱くした「昭和のオモチャ」をオトナ買い(落札)して振り返るシリーズ連載。前回の「ドライビングターボ」に続き、今回ご紹介する懐かしのオモチャは、知る人ぞ知るファミコン用コントローラー「パワーグローブ」。ある意味、Wiiなどの最新ゲーム機やロボット操縦技術の前身ともいえる幻のデバイスが、26年の年月を超えて甦る! 任天堂のスマホゲーム「ポケモンGO」で盛り上がっている今だからこそ、ファミコン時代の思い出に浸ってみませんか?

ファミっ子たちの憧れだった「パワーグローブ」

こんなものでファミコンが楽しく遊べるわけないでしょ!」

親というものは、超えるべき対象であるとともに、道を指し示してくれる偉大な存在です。豊富な人生経験で子供の想像力の範疇では理解できない正しき答えを導き出し、また子供が道を踏み外そうな時は、そっとそれを修正してくれる。そんな愛情も持っているのです。

今だからわかります。お母さん、あなたは正しかった

時はまさにファミコン全盛期。さまざまな拡張機器が登場し、そしてあっけなく消えていく。それはまるで神様のサンドボックス、地球の歴史に例えるのであればカンブリア大爆発のような、進化の過程にあった時期でした。

そんな最中、突如として登場したそれは、子どもたちの興味……正確に言うと未来への期待を一身に集めました。パックスコーポレーションが発売した、ファミコン用コントローラー「パワーグローブ」です。

160708_pg01

パワーグローブはファミコン用コントローラーなのですが、写真のとおりグローブ型。腕に装着してコントロールするというキワモノです。……と、今ではキワモノ扱いされますが、このパワーグローブが発売れた1990年は、まさにファミコン全盛期。少年漫画誌では、主人公がファミコンの世界に入ってキャラクターと一緒に冒険するお話や、ファミコンゲームのメディアミックスアニメが多々放送されていた時期です。

当時10歳だった僕は、テレビ画面に向かってパワーグローブを構えて操作する様子や、自分の動きがそのまま画面の中のキャラクターに置き換わるような演出を見て、

「自分がゲームの主人公になるようだ」
「これはまさに未来のオモチャだ」
「きっと将来のゲームはこういうものになるに違いない」

と、その未来的なアプローチの衝撃の大きさに打ちのめされたのです。欲しい。僕自身がファミコンの世界に没入できるこのデバイスが、心から欲しい!

しかし、パワーグローブの定価は19,800円。当然ながら買ってもらえるはずもなく、また友人たちの間でも、同じくパワーグローブを所持する猛者は一人も現れませんでした。きっと、お父さん・お母さんに懇願するも一蹴されたに違いありません。

この「パワーグローブを買えなかった」という思いは、強いトラウマとなり、今の今まで僕の心の中に残るしこりとなっていたのです。しかし26年という長い期間を経て、それがようやく解ける時が来たのです!

160708_pg02

26年ぶりの悲願が達成された瞬間です。今回落札したパワーグローブは、なんと未使用品。開封はしてあるものの、傷や汚れもありません。箱もキレイなまま。よくこの時代に、こんなに程度の良いパワーグローブが残っていたものです。

注目すべきは箱の左上。「FAMICOM FAMILY」のロゴがあるところから、ちゃんと任天堂認可の周辺機器であったようです。

右手を通じてファミコンの世界へダイブ!

160708_pg03

160708_pg04

箱を開けると、まるでコールドスリープから目覚めたような、美しい姿のままのパワーグローブが現れました。取扱説明書なども綺麗なままです。これは本当に程度の良い逸品に巡りあうことができました。

さっそく説明書にある「はじめに」を読んでみると、

指先を軽く弾くだけで攻撃軍を打ち負かせる
・レーシングカーのハンドルを実際に握っているような感じがする
・ボクシングゲームでは本当に相手を殴れる

……とのこと。これはまさに夢のコントローラーなのです。

160708_pg05

さらに説明書を読み進めると、このパワーグローブで遊ぶには、センサー類をテレビに設置する必要があることがわかりました。こちらがそのセンサー。

160708_pg06

説明書には14インチテレビに設置するように書かれていますが、今どき14インチのブラウン管テレビなんてありません。なので、液晶テレビに無理やり固定します。本来ならばセンサーでテレビを囲うようですが、半分しか届きませんでした……。

160708_pg07

パワーグローブをコントロールボックスに接続したのち、そのコントロールボックスをファミコンの外部入力端子に接続。なお検証には、AV出力へと改造した私物の後期型ファミコンを利用しました。これで準備は完了です。

さぁ、夢のコントローラー・パワーグローブで遊んでみることにしましょう!

こいつ……うごくぞ! 見えない力でマリオが動いた!

160708_pg08

まるでフォースのようです。

手を右に向けるとマリオは右へ、左に向けると左に動くのです。ダッシュするときは親指を握って。ジャンプは人差し指。画面に向けて腕を動かすだけで操作できます。これはすごい! すごいけど……

驚くほどに操作性は劣悪です。

最初のクリボーで何度もやられたり、土管を飛び越えられなかったりと、本当に念力で操作しているような…。

「スパルタンX」では操作が対応していないようでした。しかし、パワーグローブにはなんと14にも及ぶ操作プログラム(操作モード)があり、ゲームによってプログラムを変更することで、さまざまなゲームに対応できるとしています。

160708_pg09

それ故、グローブ本体には大量のボタンが配置されているのですね。メカメカしさの演出のためかと思っていたのですが、このボタンで操作プログラムを変更するのです。

しかし正直な話、ここまで操作性が悪いものだとは思ってもみませんでした。これでは意のままにキャラクターを動かすことなど困難ですし、ましてやゲームの世界には飛び込むことなんてできません

そして後日、僕はとんでもないものを見つけてしまいました。それは説明書に同梱されていた注意書き。

160708_pg10

ファミコンゲームを楽しむための画期的なコントローラーです。ただ操作性が大変微妙なため、使いなれるのに何日か練習が必要です。

公式で“操作性が微妙”と言い切る、この潔さに感服しました。失敗できない時代と言われ、新しい技術やテクノロジーに挑戦できない現代日本に必要なのは、こういった「やっちゃえ精神」なのかもしれません。でも、実際に操作してみて、自身の夢を叶えた僕は思うのです。

「あの時、パワーグローブ買わなくて本当によかった……」

僕の提言をことごとく却下してくれた両親に感謝

2016年、現在のパワーグローブは?

160708_pg11

PlayStation MoveやKinect、WiiやWiiUといった最新のゲーム機には、リモコンにモーションセンサーが搭載され、自分の動きに応じて画面の中のキャラクターが追従させることが一般化しています。また、ゲームセンターにあるの大型筐体などでも、自分の動きに合わせてキャラクターが動くといった体感型ゲームも数多く稼働しています。

パワーグローブは26年も前に、そんなモーションコントロールを提案していたのです。過去から現代に遊びのスタイルを提案した、ひとつのオーパーツなのかもしれません。

あのオモチャのその後

なんと「チクタクバンバン」はお買い上げいただけました! 「ジャイアンツ野球盤BM型」はまだメルカリに出品しております。「ドライビングターボ」は若干調整中。「パワーグローブ」を出品したら果たして買い手が付くのか? 検証が楽しみです。

 

文/小暮ひさのり
ガジェット類が大好物。雑誌やWebで執筆しているテクニカルライター。群馬県在住で農業が趣味であるため「兼業ライター」と揶揄されることもあるが、本人的には農業1割、執筆9割。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 26年も未使用で眠っていた、伝説のファミコン専用コントローラー発見
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい