戦後最悪「相模原・障害者19人刺殺事件」を新聞各紙はどう報じたか?

CoOoOEPUEAAYrcz.jpg-large
 

7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」に元職員の26歳の男が侵入し、入所者などが刃物で刺され19人が死亡、26人が重軽傷を負うという戦後最悪となる重大事件が発生しました。このニュースを主要新聞4紙はどのように伝えたのでしょうか?ジャーナリストの内田誠さんが、自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』で詳細に記しています。

相模原・障害者19人刺殺事件。各紙はどう伝えたか

◆1面トップの見出しから……。

《朝日》…「重度障害者 標的か」
《読売》…「19人刺殺 障害者標的」
《毎日》…「障害者施設で19人刺殺」
《東京》…「元職員 2月に犯行予告」

◆解説面の見出しから……。

《朝日》…「凶行 予兆あった」
《読売》…「兆候数々 凶行防げず」
《毎日》…「見逃された予兆」
《東京》…「無差別殺傷は「想定外」」

ハドル

各紙を見ると、1面トップは基本的な事実、解説面は「予兆」「兆候」が十分あったというニュアンスの記事になっているようです。《東京》だけは1面から「予兆」「前触れ」を問題にしているようです。

また、各紙1面の看板コラムはこぞってこの問題を取り上げています。当然ですが。

◆今日のテーマは…

はたして、障害者19人刺殺事件は防ぐことができたのか…各紙の報じ方を比較する、です。

基本的な報道内容

神奈川県相模原市にある知的障害者らが入る施設で、この施設の元職員26歳が逮捕された。「意思疎通の出来ない人たちをナイフで刺した」ことを認め、「障害者がいなくなればいいと思った」と供述しているという。容疑者は今年2月、犯行を予告する手紙を衆院議長公邸に持参していたことが分かった。警視庁を通じて県警に通報され、施設側と面談の末、退職。相模原市は措置入院を決定し、その後、措置入院の必要がなくなったとの診断があり、退院していた。

神奈川県警は今回の事件で死亡した人に障害があり、遺族が望まないとして、氏名を公表していない。

印刷する

人気のオススメ記事


  • 戦後最悪「相模原・障害者19人刺殺事件」を新聞各紙はどう報じたか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい