「給食で喉に詰まる物は危険というなら給食ない私立へ行け」は暴論か?

shutterstock_141101161 copy
 

様々な恋愛テクニックを伝授してくれる、メルマガ『マーチン先生の恋愛教室 /180°前向きになれる恋愛術』。今回はいつもと少し変わり、マーチン先生が「親」という存在について斬り込みます。高畑裕太の逮捕、給食の白玉を喉に詰まらせて子どもが死亡した事故の裁判、踏切に立ち入った認知症の方の家族をJR東海が訴えた問題など、話題のニュースと絡ませながら、親の立場から子どものこと、日本のことを考えます。

親として考えること

これから月に2回は「結婚してからも恋愛教室!」をやっていきたいと思います。

読者さんがご結婚なさって「結婚後のコーナーも定期的にやって~!」というお声を頂いたのです。ありがとうございます☆

というわけで、今回は「親のあるべき姿」といったお話です。

ちょっと良くないお話ですが、先日、高畑氏が逮捕されたお話がありましたよね。

ビジネスホテルで女性従業員に乱暴をしてしまった、というお話です。

これについて、母親の高畑淳子さんが会見を開いていましたが、これにまっちゃん松本人志辛口のコメントをしておられたのです。

内容を簡単に言えば「もっと叱るべきではないのか」というコメントです。

僕も実際にニュースで見たのですが、淳子さんの話は謝罪というよりも、「お母さんと一緒に乗り越えていこうといった母が子を守るようなイメージになっていました。

これは……うん、まっちゃんが言う通りだと、僕も思いました。

きちんと叱ることが出来ていない

そんな育て方だったから、そんなことをしてしまったのではないか。

そう感じてしまうのです。

時々メルマガでも触れていますが、僕は、今の日本はどこかおかしいと思うのです。

昭和~平成初期の方が「まとも」だったように感じます。

その違いが「成人国民の意識」であり、「親の子に対する教育」だと僕は強く思うのです。

印刷する

人気のオススメ記事


  • 「給食で喉に詰まる物は危険というなら給食ない私立へ行け」は暴論か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい