本気か。ドン・キホーテが「58分以内配達」でアマゾンに挑戦状

shutterstock_242954260
 

「驚安の殿堂」を自負する日本最大級の総合ディスカウントショップ「ドン・キホーテ」が、速さでも頂点を狙って攻勢をかけてきました。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、ドン・キホーテの即時配達サービス「majica Premium Now」について、アマゾンの「Prime NOW」と比較しながら、今後の成長性などについて考察しています。

ドンキがアマゾンに「58分配達」の挑戦状。即時配達戦争が勃発

佐藤昌司です。ドン・キホーテは、最短58分以内の即時配達サービスmajica Premium Now」(マジカプレミアムナウ)を2月22日から開始します。専用サイトで注文した商品を最寄りの店舗から配達します。

対象店舗は当初はMEGAドン・キホーテ大森山王店(東京都大田区)のみですが、順次拡大していく予定です。対象商品は約2,500点(食品、飲料、酒類、日用消耗品、ペット用品、文具等)、最低購入金額は2,000円(税抜)です。

配達区分や対象エリアが異なる2種類のサービスが用意されています。「58分配達」は、店舗から半径約3kmが対象エリアで、配達料は750円(税込)です。「2時間毎配達」(指定した2時間の枠内での配達)は、店舗から半径約5kmで、配達料は無料です。

これは完全に、アマゾンが既に提供している「Prime NOW」(プライムナウ)に対抗するサービスといえるでしょう。しかも、「プライムナウ」よりも利便性や経済性を少しだけ高く設定しているところに対抗心を見ることができます。

「プライムナウ」は現在、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県の対象エリアで利用できます。対象商品は最大6万5,000点以上、最低購入金額は2,500円(税込)です。

「プライムナウ」も配達区分や対象エリアが異なる2種類のサービスが用意されています。「1時間以内配送は配達料が890円(税込)、「2時間便」(指定した2時間の枠内での配達)は無料です。

ドン・キホーテの「マジカプレミアムナウ」は対象商品の品数で大きく劣っています。まずは約2,500アイテムからのスタートですが、「プライムナウ」の約6万5,000点(サービス開始時は約1万8,000点)と比べて大きく劣ります。

対象エリアでも劣勢といえます。ドン・キホーテのグループの総店舗数は2017年2月1日時点で355店舗です。58分配達で店舗から半径約3km、2時間毎配達で店舗から半径約5kmで考えると、仮に全店で対応することになっても対象エリアは限られてしまいます。

ちなみに、ドン・キホーテの「58分配達の半径3km355店舗実施で計算すると、総面積は約1万平方キロメートルです。岐阜県や青森県程度の面積にしかなりません。対象エリアは限定的です。対象エリアを拡大するには、店舗数を増やすか配達距離を伸ばす必要があります。大きな制約があるといえるでしょう。

マジカプレミアムナウ」は会員を対象にしたサービスなので、店舗近隣に住む会員をカバーできれば問題ないのかもしれませんが、会員ではない人を取り込むには対象エリアが若干狭いように思います。そのため、新規顧客の開拓というよりも、既存顧客からの売り上げ増加を狙うサービスといえます。

印刷する

人気のオススメ記事


  • 本気か。ドン・キホーテが「58分以内配達」でアマゾンに挑戦状
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい