韓国でも疑問の声。「慰安婦像」が韓国分断のシンボルになる可能性

ou20170215
 

昨年末、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を巡り、日本側は駐韓大使を帰国させるなどの対抗措置を取りましたが、未だその解決の糸口は見えない状況です。そんな中にあって韓国の市民団体は新たに60体もの慰安婦像を設置する意向を示していますが、当の韓国国内から、これに反対する動きも出ているといいます。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、慰安婦像についての数々の矛盾点を上げつつ、「このまま行けば像は韓国分断のシンボルとなる」との論を展開しています。

【韓国】慰安婦像は韓国分断のシンボルとなる

少女像設置めぐり緊張高まる 地元商人ら反対=韓国・大邱

韓国の市民団体が韓国国内に次々と少女像を設置していますが、さすがに韓国国民も辟易したようで、大邱市の繁華街である中区・東城路に市民団体が慰安婦像建立を推進していることについて、行政当局のみならず、地元の商人からも反対が起こっています

市民団体は「3・1独立運動が行われた場所として、大邱百貨店の前に慰安婦像を設置しようとしていますが、百貨店側からするといい迷惑でしょう。しょっちゅう反日デモが繰り返されれば、商売にも影響してきます。また東城路の商店主たちも、自分たちの家の前の土地だということで、絶対反対を叫んでいるようです。

韓国のネットでも「市民団体の金儲けの手段だ」「市民団体はまるで特権階級だ」「少女像が変質してしまった」などという声が続出しているようです。

韓国・大邱でも慰安婦像設置の動き、商店主らの反対で難航=「市民団体はまるで特権階級だな」「少女像のないところで暮らしたい」―韓国ネット

1919年の3・1運動は日本からの独立運動ですが、キリスト教団体が主導していました。現在でも韓国では約3割がキリスト教徒で最大の宗教となっています。そのキリスト教は偶像崇拝を禁じていますが、慰安婦像は韓国人の新たな偶像となりつつありました。

すでに韓国では60体の慰安婦像が増える見込みだそうです。このままいけば、韓国の至る所に慰安婦像が建つことになります。

韓国、国内で慰安婦像60体に増殖へ「『被害者モンスター』になっている」と専門家

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国でも疑問の声。「慰安婦像」が韓国分断のシンボルになる可能性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい