かっぱ寿司も餌食に? 過激発言で炎上「コロワイド」の黒い本性

20170305_colowide
 

「牛角」や「かっぱ寿司」などを運営する外食大手コロワイドで発生した、社内報の大炎上騒動。やる気のない社員に同社会長が浴びせた言葉が「馬鹿野郎」「アホ共」などと過激だったことから、SNSであっという間に拡散、激しい批判を浴びる事態となりました。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、一連の騒動に「プロとしてあまりにもお粗末だった」と苦言を呈すとともに、「かっぱ寿司」の業績不振にも触れ、今回の騒動によるブランドイメージの低下がコロワイド・グループ全体の崩壊を招きかねないと厳しい見方を示しています。

「牛角」や「かっぱ寿司」のコロワイド会長の言葉が炎上。グループ崩壊の危機

●関連記事「営業利益9割減で「溺死」寸前。かっぱ寿司は息を吹き返せるのか?

佐藤昌司です。

「お馬鹿は、会議が意味もなく長い」
「人の話も聞いてない馬鹿野郎」
「こういう自己中馬鹿は、言っても治らないので、転職を勧める」
「パワーと意識が希薄な無能な善人達ヨ」
「現実が見えないアホ」
「お馬鹿と利口を分けること、これが格差社会」
「そのアホが、何故会社にいる?」
「生殺与奪の権は、私が握っている。さあ、今後どうする。どう生きて行くアホ共よ」

上記の言葉は、「かっぱ寿司」などの飲食店を展開するコロワイドの蔵人金男会長が、同社傘下で「牛角」や「しゃぶしゃぶ温野菜」などを運営するレインズインターナショナルの社員らに向けて社内報で述べた言葉を抜粋したものです。

社内報はツイッターなどのSNSで拡散し炎上しました。同社は問題となった社内報をホームページ上で公開し、「当該文書はビジネス・商売の基本となる考え方を同会長の独特の言い回しで述べたもので、本来の意図が伝わらなかった」と釈明しています。しかしそれにしてもお粗末と言わざるを得ません。

社内報で同会長は、経営学者のピーター・ドラッカーの「人は貢献によってのみ報酬を得る事が出来る。単なる努力は、賞賛の対象となるに過ぎない」という言葉を引用し、会社に貢献していない社員を非難しています。

もしかしたら一部の社員は非難されてしかるべきなのかもしれません。会社や組織に対して貢献していない社員がいるのかもしれません。指摘の通り、人の話を聞かない社員がいるのかもしれません。ただ、社内報で一方的に社員を非難するのは如何なものかと思います。ドラッカーは次のようにも述べています。

組織の目的は、凡人をして非凡をなさしめることにある。組織は天才に頼ることはできない。天才は稀である。当てにはできな。凡人から強みを引き出し、それを他の者の助けとすることができるか否かが、組織の良否を決める。同時に、組織の役割は、人の弱みを無意味にすることである。
(『マネジメント[中]』99頁/P.F.ドラッカー著/上田惇生訳/ダイヤモンド社)

ドラッカーは人の弱みを無意味にし凡人から強みを引き出すことが組織の役割であると述べています。組織に対して貢献していない社員がいるのは、その社員自身にも問題はありますが、その社員の弱みを無意味にできない組織にも問題があるといえます。組織として機能していないのです。そのことを棚に上げて公然と社員を批判はできないでしょう。組織を構築するのがトップの責任だからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • かっぱ寿司も餌食に? 過激発言で炎上「コロワイド」の黒い本性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい