来月から生命保険料がひっそりと値上げ。庶民が損しない方法は?

shutterstock_585351182
 

日銀によるマイナス金利の煽りを受け、4月から生命保険料が値上がりするようです。メディアがほとんど取り上げないこの「緊急事態」を受け、無料メルマガ『アラフィフ世代のための~家族と幸せになるお金の教室~の著者・三原由紀さんが、損をしないために私たちが取るべき方法についてレクチャーしてくれました。

来月から生命保険料が値上がり! どうしたらいい?

あまりメディアでは報道されていませんが、4月から生命保険料が値上がりします。具体的に1~2割の値上げと言われています。

特に貯蓄性のある商品、学資保険や年金保険等は、解約返戻金が100%に届かなくなります。つまり、払い込んだ保険料が増えて返ってこないのです。

なぜ、値上げなの?

昨年日銀によるマイナス金利が行われました。その影響で、契約者から預かった資金の運用が難しくなってきています。つまり、マイナス金利により生命保険料の主な運用先である日本国債の利回りが下がり現在約束している運用利回りの約束ができなくなったということです。

ここ最近の予定利率は1%前後です。それが、来月から0.25%に下がると言われています。予定利率が下がると、同じ保険商品だと割高になるということ。

また、予定利率が下がることにより、保険会社の運用収益が下がるため、契約者が負担する保険料を上げることで収支を調整しようとする、ということです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 来月から生命保険料がひっそりと値上げ。庶民が損しない方法は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい