春休みこそ親が動く。いじめをなくすため学校側と話し合うべき事

shutterstock_326638589
 

小中学校などでは卒業式シーズンを迎え、新年度まであと僅かとなりました。無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』では、年度末の今だからこそ、我が子をいじめから守るために親が学校側にすべき確認、話し合う内容などをケース別に紹介しています。まさにこの時期が親御さんの動き時です。

学年末にやるべきこと

3月11日で、東日本大震災から6年が経ちました。復興も進む中、まだ避難生活を送っている方々も大勢いらっしゃいます。こうした方々が一日も早く、自分の生活が送れるようになればと思います。

そうした一方、昨年より原発避難いじめが問題になりました。文部科学省も、昨年12月、福島から避難している児童や生徒を受け入れている学校に、いじめがないか確認するよう通知を出しました。また先日、その実態を把握するため、初めて全国的な調査を行うことを明らかにしました。この調査は今月中に着手し、件数や発覚した際の支援の状況を詳しく調べ、結果はまとまり次第公表するとのことです。

ただ、文部科学省も調査をするのはいいのですが、その結果、何をするのかが問題だと思います。今まで通り、結果だけ公表するだけでは、何の進展もないのではないかと思います。明確な改善策を示し、現場を指導していくことを望みたいと思います。

間もなく学校は学年末を迎えます。保護者の皆様には、新年度を迎える前に、来年度からの環境がどうなるか、これをしっかりと確認しておく必要があると思います。

特に、学校と事前に話し合いをされている方などは、再度確認の話し合いをし、約束を守っていただくようにしましょう。

現在の環境でいじめが落ちついているならば、この環境を維持してもらうこと。すでに、クラス替えや担任の変更などをお願いしている場合は、きちんと対応していただけることを確認することが大事です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 春休みこそ親が動く。いじめをなくすため学校側と話し合うべき事
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい