コンビニ経営者を本気で悩ませる「ガードレール問題」の深刻度

2017.03.20
101
shutterstock_245294233-2
 

私たちの身近にあるコンビニの知られざる裏話を、業界の内情に詳しいライターの日比谷新太さんが紹介していく当シリーズ。前回の「コンビニオーナーの不正行為」に続き、今回取り上げるのは「店先のガードレール問題」について。ロードサイドに店を構えるコンビニにとって、店先にガードレールがあるのとないのとでは、売上の面でも大違いなんだそうで……。

店前で道路工事…オーナーが取った行動は?

以前「コンビニの駐車場における事故」について取り上げた回で、最近は駐車場の台数が増加している傾向にあるとお伝えしたのはお覚えでしょうか。今回はそれとも少し関連するのですが、「ガードレールの有無が売上を左右する」という話題。都心部に建つ、とある店舗での事例です。

このお店が面しているのは、片側2車線の幹線道路。その道路を通行しているクルマの客が来客者のほとんどを占めるという、いわゆるロードサイド店です。

ある日、そんな店の真ん前で道路工事が始まりました。工事の内容ですが路面舗装にくわえて埋設管交換も行うということで、期間はなんと約3か月間。店主は道路工事が始まる前から「お客さんが店舗の駐車場に入りにくくなり、来店客数が減少するのではないか?」と危惧していました。

実はこの店舗ですが、駐車場と道路の接合部分にガードレールが設置されている場所があって、駐車場への入り口はそのガードレールが途切れている僅かな隙間だけ。この状態で道路工事をされてしまうと、ますます駐車場に入りにくくなるのです。

ph001

案の定、工事が始まるとクルマでの来客者は激減しました。特に女性ドライバーが顕著に減ったといいます。

窮地に立たされたコンビニオーナーが、まず実行したのは工事関係者に店舗を利用してもらって売上を補填しようという作戦です。確かに工事によってお客さんは減りましたが、その代わりに現れた工事関係者という新たなお得意様候補を囲い込もうという、いうなれば逆転の発想です。

オーナーは工事の現場責任者と直談判したといいます。「工事の影響で売上が下がって困ってる」「うちの店で弁当買ってよ」「特別にサービスするからさ」……工事の現場責任者も、店舗の惨状を見ているので同情してくれ、昼食のみならず休憩時間中のお菓子や飲料、果ては仕事終了後のビールまで、その店で買ってくれるようになったといいます。

ただ、それでも売上の大幅減は否めない状況でした。試算をしてみたところ、前年比で20%以上の下落で、年間で約3,000万以上の減収が予測されるという大ピンチです。さてオーナーは、この苦境をどう乗り切ったのでしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • コンビニ経営者を本気で悩ませる「ガードレール問題」の深刻度
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい