ラーメン官僚がひと啜りで鶏の存在を実感、川口の醤油鶏中華そば

46d3110d5ba556cd8fe054debc72e4ed copy
 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、埼玉・川口「麺処若武者草加分店東北六縣堂」の醤油鶏中華そば。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、「ひと啜りで鶏の存在を肌身で実感できる」と表現した、醤油鶏中華そばのお味とは?

【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂

麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂@川口市にて、醤油鶏中華そば。

本年3月7日にオープンした『若武者@二本松』の2号店。

店舗の場所は、日暮里舎人ライナーの終点・見沼代親水公園駅と東武スカイツリーライン草加駅とのほぼ中間地点。両駅からはそれなりに距離があるが、歩けない距離ではない(駅から2km程度)。

7d200e48cee0144235c18a0774531d1f copy

この物件の前の経営者が『若武者』店主の知り合いで、譲る形で店舗を任されたとのこと。

『若武者』は、福島中通りのエース級店舗。平たく言えば、福島の一線級が埼玉に進出してきたことになる。

屋号の『六縣堂』は、店主の東北への想いが込められたものだ。

「醤油鶏中華そば」をオーダーさせていただいた。

46d3110d5ba556cd8fe054debc72e4ed copy

東北6県の素材をフル活用して手掛けるラーメンは、会津地鶏、川俣シャモ、伊達鶏、青森シャモロックの4種類の鶏が軸足を支える清湯スープが、果てしなく力強い。

鶏油が効果的にスープのうま味とコクを補強しており、ひと啜りで鶏の存在を肌身で実感できる点も、この1杯を語る上での大きなポイントとなっている。

麺は「羽田製麺」のしなやかなストレート。

麺自体が強固な存在感を有しており、スープ頼みに陥っていない点も評価できる。

わざわざ福島県から足を運んだというお客さんもいらっしゃり、滑り出しは上々といったところ。

同店の今後の展開が楽しみだ。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

麺処 若武者 草加分店 東北六縣堂

営業時間 11:30〜15:00 17:00〜22:00
住所 埼玉県川口市新堀町8-10
定休日 未定

 

 

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

印刷する

人気のオススメ記事

  • ラーメン官僚がひと啜りで鶏の存在を実感、川口の醤油鶏中華そば
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい