高橋ヨシキ・インタビュー「僕がスター・ウォーズと決別した理由」

84c9218c18820e962b53174803a434c294fa4426big copy
 

アート・ディレクターや映画ライター、そしてサタニストと多くの顔を持つ高橋ヨシキさんが知られざるB級映画や音楽などのカルチャー全般について語るメルマガ『高橋ヨシキのクレイジー・カルチャー・ガイド!』。その高橋さんに昨今の映画事情から悪魔主義までを語っていただくインタビューを敢行。自身のメルマガで取り上げ、大きな反響を呼んだ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』との決別宣言を中心に、なぜ今サタニズムなのか?まで、いろいろとぶった斬ってくれました。

「安パイ」頼みが跋扈する映画業界

——舌鋒鋭い映画評論で熱狂的な支持を集める高橋ヨシキさんですが、2016年末にご自身のメルマガでも取り上げられて、大きな反響を呼んだのが……。

高橋ヨシキ(以下、高橋:):出た(笑)。『ローグ・ワン』の話ですね。

——はい。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をご覧になられたのを受けて、第一作からのファンだった『スター・ウォーズとの決別を宣言されましたが、この話題について、まずお話をお聞きしたいのですが……。

高橋:ある意味『ローグ・ワンファンと作り手の意識が一致しちゃったんですよね、この場合。「同じものに耽溺し続けていたい」というファンの欲望に『ローグ・ワン』は、ほぼ完全な形で応えているわけで、そこで利害は一致しているわけですが、本当にそれでいいのか? という。

僕は作り手が先に進むのをやめて同じようなものを際限なく供給することを良しとするのはまずいと思うし、それを消費者と化した観客が「もっと、もっと」と要求するようになるという、そういうサイクルが生まれてしまうことに対する危惧もあります。これは『スター・ウォーズ』に限った話ではありませんが、そういう傾向が強まってきているという実感はあります。

adad13eb03741c2ec729369011e877991cead7b4big copy

——『スター・ウォーズ』といえば、世界中の誰もが注目している作品ですし、そんな重要な作品がそういうジレンマに陥ったというのは、今後の映画業界にもよくない影響を与えそうな気がしますね

高橋:もちろん、そこまで単純な話でもなくて、たとえば現在『スター・ウォーズはディズニーの商品なわけですが、ディズニーは一方で非常に実験的な試みや、先進的なチャレンジも行っているわけです。革新的なことを尊重する気概はちゃんとあるんです。

また、マーベルもディズニーの傘下ですが、そっちでもメインどころの『アヴェンジャーズ』などとは別に、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とか『ドクター・ストレンジ』には「新しい、面白いことをやるぞ」という気概をとても感じます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 高橋ヨシキ・インタビュー「僕がスター・ウォーズと決別した理由」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい