ラーメン官僚が「ズバ抜けた1杯」と拍手、東十条の激旨塩ラーメン

b46f1139adbf137a3811e17c9c88a9b5 copy
 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、東京・東十条「燦燦斗」の中華そば塩。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、このタイプのラーメンでここ以上のモノを創るのは不可能ではないかと思ったという、燦燦斗の「中華そば塩」のお味とは?

【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】燦燦斗

燦燦斗@東十条にて、中華そば塩。

営業時間は18時から20時半まで。

2時間半という営業時間は、大抵の人にとっては相当高いハードルとなるが、時間を見繕ってでも足を運ぶ価値は十分にある。

見方を変えれば、さほどの遣り繰りの必要もなく営業時間内に足を運ぶことが可能な環境下にある方の場合、同店のレベルが高過ぎるがゆえに、こちらにばかり通い詰めてしまう可能性すらある。それほど、ずば抜けた1杯を提供するのが、こちらの『燦燦斗』だ。

b75c4c9d13765313f700bec2713738ba copy

私も、最後に同店に足を運んだのは数年前。機会があれば訪問しようと考えていたが、今般、絶好のチャンスが訪れ、久方ぶりに再訪。

「塩」を注文させていただいた次第。

b46f1139adbf137a3811e17c9c88a9b5 copy

豚骨、丸鶏、モミジの動物系素材とサバ節が互いを侵すことなく共存するスープは、完飲必至の水準の高さ。

終始鼻腔を潤すサバの薫りが心地良く、しかも、癖が強い素材であるにもかかわらず、イヤミを一切感じさせない。

ベースが極めてしっかりした出汁に塩の甘みがふわりと被さってくるので、他の同系のラーメンにありがちな「ちぐはぐ感」が全くない。

小麦の香りが麗しい自家製麺の完成度も突出しており、スープの水準の高さも相まって、このタイプのラーメンで、同店以上のものを創り出すのは不可能ではないかと思われるほど。

麺、スープ、具。全てが王道。何ひとつとして奇抜なことはしていないにもかかわらず、ここまで美味いのはどうしてなのだろうか。

間違いなく、東京ラーメンシーンの至宝のひとつ。営業時間が短くても構わない。これからも末永く、営業を続けていただきたいものだ。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

燦燦斗

営業時間 18:00~20:30

住所 東京都北区中十条3-16-15

定休日 月曜、木曜

 

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

印刷する

人気のオススメ記事

  • ラーメン官僚が「ズバ抜けた1杯」と拍手、東十条の激旨塩ラーメン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい