かえって逆効果。日本の病院が風邪に「抗生物質」処方の意味不明

shutterstock_405634462
 

風邪を引いて病院に行くと、よく処方されるのが抗生物質です。「風邪によく効く」「抗生物質は飲みきらないといけない」と言われた経験がある方もいらっしゃるのでは?果たして、そこに医学的に根拠はあるのでしょうか?メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者でNY在住の医学博士・しんコロさんの元に、メルマガ読者の方から「日本と海外の抗生物質の扱いは違うの?」という質問が寄せられています。米国の医療事情を知るしんコロさんが、わかりやすく解説してくれています。

日本と海外の抗生物質の扱いは違う?

Question

shitumon (1)

お尋ねしたいのですが、抗生物質についてです。

風邪で病院に行っても抗生物質と咳止め、鼻水の薬などたくさんでてきます。日本と海外での抗生物質の扱いってやっぱり違うのでしょうか。そして出された抗生物質は全てきちんと飲み切らないといけないのよ、と知人に昔から?言われてるので、もうなんともないのに飲んだりします。

とにかく泌尿器科でもなんでもひたすら抗生物質です。海外も同じですか? そしてちょっとどこか痛いかな、くらいでも湿布もでてくるし病院から帰るときは薬袋がすごい量になってしまってます。

話がまとまらなくすみません、抗生物質の存在とそれに対する海外と日本の意識はどうなんでしょう?

印刷する

人気のオススメ記事

  • かえって逆効果。日本の病院が風邪に「抗生物質」処方の意味不明
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい