【書評】男版ビリギャル。バカヤンキーが米名門大に入れたワケ

0519_creter
 

大ベストセラーとなり映画化もされた『ビリギャル』の男性版とでも言いましょうか。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、ヤンキーだった男性が世界ナンバーワンの公立大学へ入学してしまう話。今回も柴田さんの「切れ味」が光ります。

51KVcXBOdvL

バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。
鈴木琢也・著 ポプラ社

鈴木琢也『バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。』を読んだ。27文字使ったトンデモ・タイトルで、332ページの部厚い本だが、会話や改行が多く、行間スカスカの組版だから完読までたいして時間を要しない。文章は版元が標的としたであろう中高生とその親向けだから、相当イージーだ。

帯にこうある。「『いつでも人は変われる!』中学・高校時代、偏差値30台の不良が24歳で一念発起して、世界No.1の公立カリフォルニア大学バークレー校に合格! 世界のインテリたちと闘い人生を変えた話。」ぜんぜん違うだろう。「自分と戦い自分の人生を変えた話だよ。ポプラ社よ、タイトルも怪しいぞ。

だいたい経歴でも「カリフォルニア大学バークレー校に合格」とさらっと書いているが、日本の高校を卒業してストレートで合格した日本人はいないというではないか(伝聞)。筆者はコミュティカレッジ(2年制短大)からの編入である。それでも凄まじい成功ではある。でも、ビミョーにひっかかるんですが。

筆者はいま日本最大のビジネススクールであるグロービスに勤務している。在学中にネットで発表した留学日誌が大変なページビューを稼ぎ、それが版元の目にとまり、スカイプで打ち合わせを続け、一年がかりで完成した。表紙とタイトルは版元が決めたが、内容はすべて本人が取り仕切って仕上げたという。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】男版ビリギャル。バカヤンキーが米名門大に入れたワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい