日中の首脳が相互訪問呼びかけへ。二階氏の訪中は正解と言えるのか?

kitano20170524
 

今月16日、北京で習近平国家主席と会談した二階幹事長。習氏は「両国が歩み寄って関係を正しい方向に発展させたい」と述べ、終始和やかなムードだったと伝えられています。これを受け、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で中国事情にも詳しい北野幸伯さんは、「日中関係は以前に比べると改善された」としながらも、「中国には今後も警戒が必要で、決してアメリカの存在を忘れてはならない」と指摘しています。

日本と中国、「適切な距離」の測り方

2012年の「尖閣国有化」以降、最悪になっていた日中関係少しよくなってきたようです。「親中派」の代表、二階さんは5月16日、習近平と会談しました。結果は?

二階幹事長、中国の習国家主席と会談 安倍首相親書、首脳の相互訪問呼び掛け

産経新聞 5/16(火)13:10配信

 

【北京=石鍋圭】自民党の二階俊博幹事長は16日午前、北京で習近平国家主席と会談した。習氏は「両国が歩み寄って関係を正しい方向に発展させたい」と述べ、日中関係の改善に意欲を示した。二階氏は安倍晋三首相の親書を手渡した。首相は親書で「適切な時期」に両国首脳の相互訪問を実現したいとの考えを伝えた。

習近平が、「両国が歩み寄って関係を正しい方向に発展させたい」と言ったそうです。これを聞いて、読者の皆さんの多くは、「またウソ言ってる」という反応かもしれません。二階さんについては、「やめてくれ!」と思うかもしれません。特にRPE読者の皆さんは、中国の「反日統一共同戦線戦略」を暗記していることでしょう。その骨子は、

  1. 中国、ロシア、韓国で、「反日統一共同戦線」をつくる。
  2. 中国、ロシア、韓国は、日本の領土要求を断念させる。
    断念させる領土とは、北方4島、竹島、尖閣・「沖縄」である(中国によると、日本に「沖縄」の領有権はない!!!)。
  3. 「反日統一共同戦線」には、「アメリカ」を引き入れなければならない。

●絶対必読、完全証拠はこちら→反日統一共同戦線を呼びかける中国

これを知ったら、「習近平、またウソ言ってる」「二階さんやめて!」という反応になるのは、当然かもしれません。しかし…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日中の首脳が相互訪問呼びかけへ。二階氏の訪中は正解と言えるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい