中国から脅された。ドゥテルテ大統領は習近平の言いなりか?

kitano20170530
 

怒りのフィリピン大統領、中国に「落とし前をつける!」宣言」で、南シナ海を巡る仲裁裁判所の判決に従わない中国への怒りをあらわにしていたフィリピンのドゥテルテ大統領。しかし無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』によると、中国から「フィリピンが対決姿勢を見せるなら戦争の準備ができている」という事実上の脅しを受けて弱腰になっているといいます。南シナ海問題はこのまま中国の言いなりになるしかないのでしょうか。著者の北野さんが詳しく分析しています。

習近平、ドゥテルテに「戦争になる!」と警告

26、27日、イタリア・タオルミナで、G7サミットが行われていました。メインの議題は、「北朝鮮」。これ、日本とアメリカは、「深刻な問題」であることを理解しています。

しかし、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダは、正直、北朝鮮問題の深刻さを感じていない。なぜかというと、「北朝鮮は遠い」から。日本人も、シリア問題、イラン問題、ウクライナ問題などに、ほとんど興味がありません。なぜなら、シリア、イラン、ウクライナは、遠いから。同じですね。

欧州の国々は、近いロシアとか、イランの脅威を感じている。それで、安倍総理はイランと北朝鮮をリンクして説明されました。

「敏感な議題」の一つとなった北朝鮮問題で、最も発言したのは安倍首相だ。日本が配布した資料にあったのは北朝鮮とイランのミサイル開発に関する情報。欧州諸国の関心が高いイランと比較することで、北朝鮮の技術力が短期間で向上している実態に危機感を持ってもらう狙いがあった。北朝鮮が実戦配備を目指す大陸間弾道ミサイル(ICBM)など長射程のミサイルが方角を変えれば欧州の安全を脅かすことも示した。
(産経新聞5月28日)

もちろん欧州やカナダの首脳が、「北朝鮮から攻撃される」とは思わないでしょう。それでも、知識としてだけでも、「北は悪いことをしていると理解してもらうことは大事ですね。

欧州は軍事的にはアメリカの支配下にあります(NATOを通じて)。しかし、(イギリスを含めた)EUのGDPはアメリカに匹敵する。そして、「人権にうるさい」ということで、国際世論をつくっていく力があります。それで、あらゆる問題で欧州を味方につけていく必要がある。北朝鮮問題では、日本、北米、欧州が「北=悪」ということで意見が一致しました。

その結果、初参加の4人を含む全G7首脳が「新たな段階の脅威」との認識を共有。首脳宣言に北朝鮮問題が国際社会の「最優先課題」と初めて明記された。
(同上)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国から脅された。ドゥテルテ大統領は習近平の言いなりか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい