ドイツの怒りを買ってしまったトランプ。一体、何があったのか?

kitano20170601
 

深刻さを増している、「グローバリスト」と「ナショナリスト」の対決。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんがかねてから指摘していたことが現実になっています。以前からナショナリストを自負し、「アメリカ第一」を公言してきたトランプ大統領ですが、今度はEUの「盟主」にしてグローバリズムを提唱するドイツの怒りを買ってしまったようです。一体、何が起きているのでしょうか?

メルケル、「自らの運命のために戦う」

何のことでしょうか?

米英はもう頼りにできない、メルケル独首相が警告

AFP=時事 5/29(月)14:02配信

 

【AFP=時事】アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相は28日、ドイツ南部ミュンヘン(Munich)での選挙集会で、英国の欧州連合(EU)離脱やドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の就任で欧米の同盟関係に亀裂が走る中、欧州は「その運命を自ら握らねばならない」と訴えた。

トランプのせいで欧米の同盟関係に亀裂が走っている」そうです。どういうことでしょうか?

メルケル首相は、27日までイタリアで開催されていた先進7か国(G7)首脳会議(サミット)から帰国したばかり。サミットでは温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」をめぐり、米国とその他6か国の意見が対立し、合意に至らなかった。メルケル氏はこの「6対1」の議論の結果について「極めて不満とまでは言わないが、極めて困難だった」と評していた。

温暖化対策パリ協定」をめぐって、アメリカと他6か国が対立関係になってしまった。これまでは、アメリカの大統領が、「こうしようぜ!」と言い、他の6か国が「そうしましょう! そうしましょう!」と服従する関係だったのです。メルケルさんは、さらに言います。

「われわれが他国を完全に頼りにできた時代は終わりつつある。私はそれをこの数日間で経験した」。聴衆に向けてこう述べたメルケル氏は、ドイツも欧州も米英との友好関係維持に努める一方で、「自らの運命のため闘わなければならない」と主張。ドイツ政府はエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏新大統領との関係を強化する必要があると続けた。

要は、「アメリカはもはや頼りにならない」ということですね。そして、「自らの運命のため闘わなければならない」と。具体的には、「フランスとの関係を強化する」。

メルケル・ドイツとトランプ・アメリカの対立は深刻みたいです。これは、「グローバリスト」メルケルと「ナショナリスト」トランプの争いですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ドイツの怒りを買ってしまったトランプ。一体、何があったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい