さよなら、トランプ。愛娘イヴァンカの夫に向けられた疑惑の目

shutterstock_415321096
 

あの習近平国家主席でさえ白旗を揚げたグローバリズム推進派の勢力。新たなターゲットとして袋叩きにあっているのが、就任してまだ間もないトランプ大統領です。ここに来て国内外の反発を振り切りパリ協定からの離脱を表明するなど強気の姿勢を崩さないトランプ氏ですが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは「ついに娘婿・クシュナー氏のスキャンダルまで持ち上がり、大統領はますます窮地に追い込まれた」との見方を記しています。

狙われたトランプの娘婿クシュナー

トランプさんが大変なことになっているという話の続報です。まず、これまでに起こったことを振り返っておきましょう。

  • トランプさんは5月9日、コミーFBI長官を解任しました。
  • コミー氏は、「トランプの選挙陣営とロシア政府のつながり」について捜査していた。
  • それで、今回の解任は、トランプによる「捜査妨害だ!」大いに批判された。
  • 5月17日、民主党のグリーン下院議員は、「大統領の弾劾を求める!」と発言。

これに理解を示す共和党議員も現れました。

  • 5月17日、ムラーFBI元長官が「ロシア・ゲート」を捜査する特別検察官に任命されました。

ここまでお伝えしました。今回の話、以下の記事を読むと理解が深まります。まだの方は、まずこちらから、ご一読ください。

裏切られる米国民。弾劾を免れても変わらぬ窮地のトランプ大統領

ロイター5月29日付を見てみましょう。

米大統領娘婿クシュナー氏、ロシア大使と非公開の接触=関係筋

ロイター 5/29(月)9:08配信

 

[ワシントン 26日 ロイター] – トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問が2016年の大統領選挙期間中と選挙後にキスリャク駐米ロシア大使と少なくとも3回非公開で接触したことが、7人の米当局者や政府OBの話で明らかになった。このうち2人によると、昨年4月から11月の間にクシュナー氏は大使と2回電話で話した。別の2人の関係筋によると、同氏は今年初めまでには、トランプ陣営とロシアとの共謀の是非を巡る米連邦捜査局(FBI)の捜査の対象となった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • さよなら、トランプ。愛娘イヴァンカの夫に向けられた疑惑の目
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい