ロシアに不穏な動き。プーチンは「北朝鮮問題」をどう見てるのか?

shutterstock_543639430
 

これまで複数回に渡り、「北朝鮮問題」における日本、アメリカ、韓国、中国と、それぞれの国の立場や思惑を分析してきた無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。今回は、今ひとつ北朝鮮に対する立ち位置が理解しづらいロシアについて、モスクワ在住の北野さんが詳しく解説しています。先日報じられた「プーチン、北の核保有に理解?」という記事の信ぴょう性は?

プーチン、北朝鮮の核兵器保有に理解。なぜ???

世界的に注目され続けている、「北朝鮮核問題」。日本、アメリカ、韓国、中国は、大騒ぎしています。

しかし、日本人にはなかなか理解できないのが、ロシアのポジションでしょう。プーチンの真意を理解する「手がかり」となる重要発言が飛び出しました。

読売新聞6月3日から。

露大統領、北の核保有に理解? 圧力かける米批判

読売新聞 6/3(土)12:27配信

 

【モスクワ=花田吉雄】ロシアのプーチン大統領は2日、北朝鮮の核開発問題に関連して、「小さな国々は自らの独立や安全と主権を守るためには、核兵器を持つ以外、他の手段がないと思っている」と述べた。北朝鮮などに軍事的圧力をかけている米国を批判する発言の中で語った。ロシアは北朝鮮の核・ミサイル開発を容認しない立場。核保有に理解を示すかのような発言は物議を醸しそうだ。

だそうです。「小さな国が自衛のために核兵器をもつのは仕方ないよね~」と言ってるように聞こえます。なぜそういう話になるのでしょうか?

ロシア北西部サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムの公開討論の中で語った。プーチン氏は米国を念頭に「力の論理が幅をきかせ、暴力が支配する間は、北朝鮮で起きているような問題が生じるだろう」と指摘した。米国が日本海に空母を派遣して緊張を高めていることを暗に批判したといえそうだ。
(同上)

日本から言わせると、「ちょっと違うよね」という感じでしょう。03~08年、6か国協議による話し合いで、核問題を解決しようとした。しかし、北朝鮮は06年に核実験を強行した。「話し合いで解決できなかったから、今みたいな状況になったのだ」というのが、日本やアメリカの立場でしょう。

では、プーチン・ロシアからこの問題を見るとどんな感じになるのでしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • ロシアに不穏な動き。プーチンは「北朝鮮問題」をどう見てるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい